いわき明星大学

HOME > IMUニュース
IMU NEWS

学習センターに飾られた笹飾りの短冊を奉納してきました


図書館グループ
2011年8月18日

 7月の七夕から、8月のいわき七夕祭り(平七夕祭り)まで学習センター1Fに飾られていた七夕の短冊を、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮に奉納してまいりました。今年の七夕飾りは本学施設を使用していた湯本高校の高校生の願いごとをはじめ、ニュース番組で取り上げて頂いた影響もあってか、地域の方々の願いごともたくさん飾られていました。
 「卒論がうまく書けますように 私も努力します。」「地元就職ができますように」「大学合格!」「CBTに受かりたい!」「みんなで楽しくバンドが続きますように」「合気道が上手くなりますように」「地震がおさまりますように」「運命の人に出会えますように」…。

 鹿島神宮の御祭神である武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は天下に平和をもたらす神と言われ、武運長久や地震封じの神様としても有名です。江戸時代に流行した「鯰絵」の図案に、地中の大鯰を封じ込める姿で描かれたヒーローだったとのこと。また「鹿島立ち」という言葉は旅立ちや門出を指す語ですが、これは天孫降臨に先立って鹿島を発ち国土を平定したという故事に基づくものです。私たちもこれらの神話にあやかり、元気ないわき明星大学の様子をいち早く多くの皆さまにお届けしたいと思います。

 皆さんのお願いごとが叶いますように!!

飾られた短冊の総数は960枚。しっかりと奉納させていただきました
飾られた短冊の総数は960枚。しっかりと奉納させていただきました


UP