いわき明星大学

HOME > 学部・大学院案内 > 科学技術学部 > 電子情報学科 何を学ぶ?

電子情報学科

はじめに 何を学ぶ? 何をめざす? 教員紹介
きめ細かな基礎教育と実習重視のカリキュラムが、本当の応用力を育てる。

 必修をコンピュータ関連基礎科目、実験ならびに電磁気学、電気電子回路等の基幹となる講義にとどめ、多くは学生個人の進度に合わせて対応できるように選択科目としています。

 1年次には、基礎的な数学、物理学、化学等の科目を選択で課し、専門科目としての情報処理序説、コンピュータプログラミング基礎を必修としています。

 2年次以降は、コンピュータ及び電子機器システムが中心となるコース、または、情報及びネットワークが中心となるコースに分かれ科目を選択、4年次には卒業研究が必修となっています。

 また、それ以外に科学技術英語などの目的指向のものを選択科目として設けています。企業実習などの学外実習においては、工場見学の他、企業現場での実習としてインターンシップ制度を設けています。

〈電子工学系〉

 コンピュータのハードウェアと、その応用を重点的に学習。電子回路を基礎に、ハードウェアや無線通信技術、電子制御、レーザ技術などを修得します。また、CCDカメラやメモリなどでもなじみ深い重要な材料系についても理解を深めます。

〈情報系〉

 IT(情報通信技術)を支えるソフトウェアやネットワーク技術の基礎と応用について学習。プログラミングやデータベース、画像処理などについて理解を深めるとともに、実際にコンピュータをネットワーク化しながら、情報システムの構築や運用技術を修得します。

各系ではこんな科目を学びます[→]履修フロー
UP