いわき明星大学

学部・大学院

特色、教育目標

大学院 人文学研究科

自由な研究環境の中で、人の心と社会、文化を深く見つめ、より高度な専門性を追求

人文学研究科は、日本文学専攻、英米文学専攻、社会学専攻、臨床心理学専攻の4専攻からなる修士課程、さらには日本文学専攻の1専攻からなる博士課程で構成されています。本研究科では、課題を自ら選択し、研究方法を確立できる、より高度な専門性と豊かな人間性を備えた応用力のある人材の育成をめざし、幅広い視野から問題の本質を把握できる自由な研究環境と指導に努め、研究方法や情報検索・処理の指導、研究資料の充実に力を注いでいます。また、すでに社会で活躍している人たちにリカレント教育の場を提供するため、社会人受講生の受け入れにも留意しています。

卒業後の進路として、それぞれの研究活動を継続する人はもちろん、高等学校や中学校の教員、海外の日本語教員、社会福祉分野のリーダー、臨床心理士など、広く社会に貢献する優れた人材を多く輩出しています。

教育目標

修士課程(日本文学専攻、英米文学専攻、社会学専攻および臨床心理学専攻)および博士課程(日本文学専攻)を有する大学院人文学研究科は、本学の教育理念たる「和」の精神に基づく全人教育を根本に据え、学士課程での専門教育を基盤としつつ、より高度な学術の理論および応用の方法を修得させ、地域社会はもとより、世界の平和と文化の進展に貢献できる研究者、および高度な専門的職業人を養成することを目的とする。より具体的には、人文科学に共通する人間の思想や感情につき、その背景となる社会現象や、文化全般にわたる理解を深めさせ、現代日本の進展に寄与することを使命とする。

 

学部・大学院