いわき明星大学

学部・大学院

英米文学専攻

広い視野、高い語学力、英米に関する幅広い知識を修得

本専攻では、英米の文学・演劇・文化に関する研究、社会的視点に立った英語研究・言語研究、さらに英語教育学を中心とする応用言語学や西洋哲学に基づく英米文化などの研究を指導します。大学院生は指導教員のもとで、広い視野、高い語学力、英米に関する幅広い知識を身につけることを強く求められます。研究をまとめあげ、専修免許状を取得して大学院を修了したあと、教育界に進むことを希望する修了生も少なくありません。本専攻は、このような進路希望にも十分応え得るものとなっています。

教育目標と教育成果

英米文学専攻では、英米の文学・文化・言語をより深く研究し、高い専門性が求められる職業を担うとともに、広く社会に知的貢献のできる人材の育成を教育目的とする。この目的を達成するために、各自の専攻領域における専門的知識を深め、課題を発見し主体的に解決する実践的能力を養う。さらに、高い英語運用能力と、客観的分析や考察に基づく論理的な表現力を身につけることを目指す。
1年次から専門教員の個人的指導のもとで各自の研究を開始することになるが、それと同時に、専門領域以外のさまざまな分野にも積極的に取り組むことが強く求められる。これは、本専攻の修了者が、専門の知識だけでなく、幅広い教養を備えた、一般社会にとっても有用な人材に成長することを切望するからである。また本専攻で学ぶ者には、修了後、英語教員になることを目指す者が少なくない。本専攻は、そのような進路希望にも対応するカリキュラム上の配慮を行っている。研究成果をあげることが期待される分野は、具体的には次のとおりである。
  1. 英米の文学(小説・演劇)の研究
  2. 西洋哲学思想や現代倫理学に基づく英米文化研究
  3. 社会的視点を備えた言語研究
  4. 応用言語学の研究成果を踏まえた英語教育学研究
  5. 理論と実践の両面を重視する第二言語習得研究

修士学位論文合格判定基準

  1. いわき明星大学大学院人文学研究科のディプロマポリシーに従い、修士学位論文(以下、修士論文)として基本的な知識・技術・問題解決能力等が認められる論文であること。
  2. 修士論文は、英米文学専攻に関連する分野における新しい知見や進展を含む内容の論文であること。
  3. 修士論文は以下の条件を満たすように構成されていること。
    (1)論文題目が適切である。
    (2)研究テーマや問題設定が明確であり、学術的意義を有している。
    (3)研究方法が十分吟味されている。
    (4)論文の構成が妥当であり、論旨が明解である。
    (5)精密な分析と考察がなされ、結論が適切に導き出されている。
    (6)当該研究に関係する国内外の文献が適切に引用されている。
  4. 提出された修士論文は審査委員(主査、副査)による審査を経ていること。
  5. 論文内容に沿って発表要旨が提出されており、口頭発表は論理的でわかりやすい構成になっていること。
  6. 上記項目1から5までをすべて満たしていること。

教育方針

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

英米文学専攻は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に修了を認定し、学位を授与します。
  1. 英米の文学・文化・言語の専門領域について高度な知識を有し、主体的に研究することができる。
  2. 問題設定・解決能力を持ち、状況に応じた客観的な分析や判断を行うことができる。
  3. 英語の運用能力を持ち、自身の考えを的確に伝えるコミュニケーション力を発揮することができる。
  4. 英米の文学・文化・言語のさまざまな問題について高い関心と洞察力を示すことができる。
  5. 研究活動や論文作成を通して培った論理的な表現力と思考力を、社会で応用することができる。
  6. 修得した幅広い知識と研究方法を活かして、教育現場はもとより広く社会に貢献することができる。
  7. 各自の研究成果を、修士学位論文にまとめ上げることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

英米文学専攻では、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
  1. 「英米文学」「英米文化」「英語学」「応用言語学(英語教育)」の領域に、それぞれ「演習I」「演習II 」を配置し、研究テーマに応じた指導を行う。
  2. 上記「演習」科目では、専門領域の論文を読み解き、自ら問題を設定し、解決する能力を養う。
  3. 各領域に応じた専門的知識を修得するために、選択科目「特殊講義」「特殊研究」を配置する。
  4. 「英語教育学」に関する科目を配置し、第二言語習得研究に基づく英語教育を理論と実践の両面から学ぶ。
  5. 「演習」「講義」「研究」科目によるバランスの取れた学修を通して、専門領域に関する深い理解と論理的な研究方法を修得する。
  6. 専門領域以外の科目も履修することにより、幅広い知識と柔軟な思考力や応用力を身につける。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

英米文学専攻は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
  1. 英語による基礎的な文章読解能力など、一定の英語運用能力を持つ人
  2. 英米の文学・文化・言語への強い興味や高い関心を持つ人
  3. 英米の文学や文化に関する哲学的・倫理学的な背景に興味を持つ人
  4. 英語を言語学的・社会学的視点から体系的に研究したい人
  5. 第二言語習得理論を理解し、高度な専門性を有する英語教員を目指す人
  6. 英米の文学・文化・言語の研究を通じて、社会に貢献する意欲を持つ人

学部・大学院