いわき明星大学

学部・大学院

日本文学専攻

国語力、応用力の増進に努め、教職志望者も十分にサポート

本専攻は、古代文学、中世文学、近世文学、近代文学、国語学と、日本文学・日本語学の主要分野を幅広くカバーするカリキュラムを組み、特に、「日本近代の文学とメディア」「和歌文学」「日本語教育学」を専門とする教員を多く擁しています。
日本文学の充実した基礎教育のもと、院生の国語力、応用力の増進に努め、卒業後教職をめざす人たちにも十分なサポートを行っています。
博士課程では、学内の指導のみならず、積極的な学会活動を勧め、研究発表も奨励しており、本専攻からはすでに6 人の博士を輩出しています。

修士課程

教育目標と教育成果

学士課程における学修と研究の基盤の上に、より専門的であるとともに、基礎的な面の教育にも配慮しつつ、日本文学を研究することを目的とする。科目を「特殊講義」「特殊研究」「演習」の三種に大別し、この科目名のもとに、古代文学、中世文学、近代文学、和歌文学、日本語学、漢文学の講義と演習を配置する。「特殊講義」と「特殊研究」は隔年開講を原則とする。教授者は専任の教授者の他に、学外からも専門性に優れた教授を招き、講義内容の充実に努める。
学生にとって重要なことは、より専門性を高め、あわせて基礎力を高めることである。このために授業科目は論文指導教授の指導のもとに選択する。また演習については、論文指導教授の担当する演習を選択する。正課外の活動として、学会活動に積極的に参加し、新しい研究課題、研究方法を身につけること、そして自己の研究計画を確立することが求められる。研究成果をあげることが期待される分野は、具体的には次のとおりである。

  1. 韻文学研究
  2. 説話研究
  3. 大正・昭和期の文学
  4. メディアと文学
  5. 日本語学

修士学位論文合格判定基準

  1. いわき明星大学大学院人文学研究科のディプロマポリシーに従い、修士学位論文(以下、修士論文)として基本的な知識・問題解決能力等が認められる論文であること。
  2. 修士論文は、日本文学専攻に関連する分野における新しい知見や進展を含む内容の論文であること。
  3. 修士論文は以下の条件を満たすように構成されていること。
    (1)論文題目が適切である。
    (2)研究の背景がわかりやすく記述されており、研究の目的や意義が明確である。
    (3)研究方法が十分吟味されている。
    (4)表現および表記が適切になされている。
    (5)研究結果に基づいて論理的考察がなされ、研究目的に対応した結論が適切に導き出されている。
    (6)当該研究に関係する国内外の文献が適切に引用されている。
  4. 提出された修士論文は審査委員(主査、副査)による審査を経ていること。
  5. 論文内容に沿って発表要旨が提出されており、口頭発表は論理的でわかりやすい構成になっていること。
  6. 原則として、得られた研究成果が当該分野の学会などにおいて発表もしくは論文発表されていること(確約されている場合を含む)。
  7. 上記項目1から6までをすべて満たしていること。

教育方針

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

日本文学専攻修士課程は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に修了を認定し、学位を授与します。
  1. 日本文学研究におけるさまざまな物事や問題を、専門的な知識と研究方法を用いて探究し研究することができる。
  2. 日本文学研究における知識を深め、リテラシーと教養を身につけ、さまざまな思考の枠組みを用いて、実践的に研究することができる。
  3. 実社会のあらゆる場面に対応しうるコミュニケーション能力を持ち、自分とは異なる立場や意見を持った人々の考えを理解し、状況に応じた高度の自己表現をすることができる。
  4. 自ら問いを立て、それに答えていく研究能力を持ち、積極的に活動することができる。
  5. 各自の研究成果を、修士学位論文にまとめ上げることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

日本文学専攻修士課程は、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
  1. 日本文学研究分野の講義・演習科目を設置し、専門分野における知識と研究能力の向上を図る。
  2. 本課程では、各自の研究テーマに基づいた修士学位論文の作成を指導する。
  3. 演習科目の履修を通して、日本文学研究分野の討論・研究発表能力の向上を図る。
  4. 日本文学研究分野での研究・教育を通じて、高度な専門知識を持った職業人および研究者を養成し、地域社会の発展に貢献する。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

日本文学専攻修士課程は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
  1. 日本文学研究分野での学部教育を基礎として、高度な専門知識や技術を身につけ、社会に貢献したい人
  2. 日本文学研究分野の専修免許状を取得し、教職に就くことを希望する人
  3. 生涯学習の観点から、日本文学の研究をさらに深める意欲のある人

博士課程

教育目標と教育成果

修士課程における学修と研究の基盤の上に、より専門性を高めることを目的とする。科目を「特講」「特殊演習」の二種に大別し、この科目名のもとに、修士課程よりも高度な古代文学、中世文学、近代文学、和歌文学、日本語学、漢文学の講義と演習を配置する。教授者は専任の教授者の他に、学外からも専門性に優れた教授を招き、講義内容の充実に努める。
博士課程の学生には、博士論文の作成のために、研究テーマを明確に定め、研究方法を確立することが求められる。指導教授の指導は前提であるが、ひろく学会活動に参加し、学外にも専門の研究仲間を求め、研鑽することが求められる。研究成果をあげることが期待される分野は、具体的には次のとおりである。

  1. 中世・近世の連歌・俳諧研究
  2. 中世の説話研究
  3. 大正・昭和期の小説研究
  4. 現代文学と近代文学の比較研究
  5. 日本語の文法論・意味論

博士学位請求論文の審査報告

  • 近代日中語彙交渉史の研究 ―中国における日本語からの新語借用を中心にー

博士学位論文合格判定基準

  1. いわき明星大学大学院人文学研究科のディプロマポリシーに従い、博士学位論文(以下、博士論文)として専門的な知識・問題解決能力等が認められる論文であること。
  2. 博士論文は、日本文学専攻に関連する分野における新しい知見や進展を含む内容の論文であること。
  3. 博士論文は以下の条件を満たすように構成されていること。
    (1)論文題目が適切である。
    (2)研究の背景がわかりやすく記述されており、研究の目的や意義が明確である。
    (3)研究方法が十分吟味されている。
    (4)表現および表記が適切になされている。
    (5)研究目的に適合した結論が導き出されている。
    (6)当該研究に関係する国内外の文献が適切に引用されている。
  4. 博士論文は審査委員(主査、副査)による審査を経ていること。
  5. 公聴会において、博士論文等が当該研究分野における学術的側面から有意義な成果を含んでいることが認められたこと。
  6. 得られた研究成果に関する論文発表が以下の条件を満たしていること。
    (1)課程博士
       博士論文に関わる研究内容が査読付きの学術誌に2編以上掲載済みであるか掲載が確約されていること。
    (2)論文博士
       博士論文に関わる研究内容が査読付きの学術誌に3編以上掲載済みであるか掲載が確約されていること。または、単著が刊行されていること。
  7. 上記項目1から6までをすべて満たしていること。

教育方針

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

日本文学専攻博士課程は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に修了を認定し、学位を授与します。
  1. 日本文学研究におけるさまざまな物事や問題を、高度な知識と研究方法を用いて探究し研究することができる。
  2. 日本文学研究における知識を深め、また修士課程で培った研究成果を発展させ、さまざまな思考の枠組みを用いて、実践的に研究することができる。
  3. 実社会のあらゆる場面に対応しうるコミュニケーション能力を持ち、自分とは異なる立場や意見を持った人々の考えを理解し、状況に応じた高度の自己表現をすることができる。
  4. 自ら問いを立て、それに答えていく研究能力を持ち、積極的に活動することができる。
  5. 各自の研究成果を、的確に他者に向かって発信することができる。
  6. 博士学位論文合格判定基準に則り博士学位論文をまとめ上げることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

日本文学専攻博士課程は、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
  1. 専門分野の講義・演習科目を設置し、日本文学研究分野における知識と研究能力の向上を図る。
  2. 本課程では、各自の研究テーマに基づく博士学位論文の作成という目標を設定し、その達成に向けて自主的・意欲的に研究に取りくめるような指導教員による指導体制を構築する。
  3. 演習科目の履修を通して、日本文学研究分野の討論・研究発表能力の向上を図る。
  4. 日本文学研究分野での研究・教育を通じて、高度な専門知識を持った職業人および研究者を養成し、地域社会の発展に貢献する。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

日本文学専攻博士課程は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
  1. 日本文学研究分野に関する研究実績を有し、さらに高度な専門知識や技術を身につけ、社会に貢献したい人
  2. 博士の学位を取得し、専門的な教育・研究を行うことを希望する人
  3. 生涯学習の観点から、日本文学のこれまでの研究をさらに深める意欲のある人

学部・大学院