いわき明星大学

学部・大学院

物理工学専攻(修士課程)担当 | 教授陣の研究分野と内容

物理工学専攻

高 三徳  教授博士(工学)

CG/CAD/CAE/CAM

複雑な流線形曲面を持つ家電製品、通信機械、自動車、電車、飛翔体、ビルディングなどの滑らかな形状を精密に、安く、速く設計・製造するために、コンピュータグラフィックス(CG)、コンピュータによる3次元デザイン(3D-CAD)、工学解析・計算・シミュレーション(CAE)、数値制御自動化生産(CAM)に関する研究を行っている。また、独自で実用のCG/CAD/CAMソフトウェアの研究・開発をしている。

清水 文直  教授博士(電気工学)

誘電体材料工学

各工業分野の進展において、新しい材料の探索や開発は必要不可欠である。この様な材料開発の観点から新強誘電体をはじめとする相転移物質の結晶育成、その系統的な特性解析を行う。

中尾 剛  教授博士(工学)

情報通信工学

コンピュータネットワークでの通信技術の研究を行う。ネットワークの信頼性を向上させるための通信プロトコル、通信暗号化技術、ネットワークサーバーのセキュリティー技術などの開発および検証を行う。さらに、これらの応用システムの開発も行う。

藤原 孝之  教授DDM、医学博士、博士(工学)

医療工学


高橋 義考  准教授博士(工学)

ロボット工学、機械力学

機構運動解析を用いた歩行ロボットの運動解析とロボットの開発を行う。歩行ロボットの体重移動に注目し、リンク機構による体重移動で歩行動作を行なうロボットを開発する。また、ロボットの姿勢制御プログラム、通信用プログラム、カメラセンサーによる画像処理プログラムの開発を行う。

学部・大学院