いわき明星大学

学部・大学院

物理工学専攻(修士課程)担当 | 教授陣の研究分野と内容

物理工学専攻

中尾 剛  教授博士(工学)

情報通信工学

コンピュータネットワークでの通信技術の研究を行う。ネットワークの信頼性を向上させるための通信プロトコル、通信暗号化技術、ネットワークサーバーのセキュリティー技術などの開発および検証を行う。さらに、これらの応用システムの開発も行う。

北山 淳  教授博士(医学)

人間医工学、教育学、社会医学

ライフステージに応じた作業療法のあり方に関する研究

Goh Ah-Cheng  教授博士(理学療法学)

理学療法学

物理療法とは、理学療法士にとって重要な領域の一つになります。しかし、物理療法を効果的に用いるためには、エネルギーのコントロール方法を理解し、標的組織にエネルギーを届ける必要があります。これを“dosimetry”と言い、この20年の間、物理療法の中の温熱療法、電気療法、機械的な刺激を用いた療療法の“dosimetry”についての研究を行なっています。Dosimetryの研究結果は、臨床で治療を実施する際、ガイドラインとして使用できる治療モデルを発展させるためには非常に重要なものになります。臨床がいどらいんがなければ、どのような治療をしても良い治療効果を引き出すことは困難になります。

藤原 孝之  教授DDM、医学博士、博士(工学)

医療工学

ひとを「計り、測り、量り、図る」ことで、日常生活活動を定量的に表現することを”Human Biometrology”と言います。常に重力に拘束された三次元空間で、長さ、大きさ、距離、時間、温湿度、速度、加速度、方向、重さ、硬さ、張力、反力などの基本的計測から、滑らかさ、表情、意欲、疲労などの感性情報、また、生活空間の環境要因の変化や、心電図、筋電図、脳波、事象関連電位、神経伝導速度、誘発電位から脳磁図、超音波イメージング、PET、呼吸循環機能に至るまであらゆる計測技術を駆使して、身体諸機能の変化を定量的、定性的に時系列解析します。現時点で、16ch表面筋電計、5ch動的加速度・地磁気・ジャイロ(各3軸、計9軸)センサー、各種歪センサー、2ch近赤外線分光計などを使った研究が始まっています。モットーは”Make Patient Happy”です。

楊箸 隆哉  教授医学博士,看護学修士

解剖生理学、神経科学、看護学

快適な睡眠、リラクゼーション、運動による疲労からの回復等について、感性工学・心理生理学的、また環境学的視点から取り組んでいる。

高橋 義考  准教授博士(工学)

ロボット工学、機械力学

機構運動解析を用いた歩行ロボットの運動解析とロボットの開発を行う。歩行ロボットの体重移動に注目し、リンク機構による体重移動で歩行動作を行なうロボットを開発する。また、ロボットの姿勢制御プログラム、通信用プログラム、カメラセンサーによる画像処理プログラムの開発を行う。

学部・大学院