いわき明星大学

学部・大学院

教育方針

人文学部現代社会学科の3つのポリシー

人文学部現代社会学科では、現代社会の理解と地域社会への貢献を目標に掲げ、社会の変化に対応できる柔軟な思考力と行動力・実践力とを合わせ持つ、地域社会に有為な職業人を育成することを目指しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

人文学部現代社会学科は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 地域社会の問題を身近なものとして捉え、その解決に積極的に取り組むことができる。
  2. 地域の人びととコミュニケーションを図りつつ率先して行動し、課題の実現に向けてたゆまず努力することができる。
  3. 社会学理論の基礎知識を修得し、過去から現代までに至る社会問題について自らの見解を形成することができる。
  4. 人びとの多様なニーズを理解し、社会や人間に関する幅広い視野からそれを満たすための方向性を示すことができる。
  5. 社会調査に関する基礎知識を修得し、それらを地域社会における問題の発見に応用することができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人文学部現代社会学科では、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

  1. 1年次では、地域社会で発生している問題の背景を理解し、分析する方法を学ぶ科目を開設します。加えて、1年次前期の必修科目である「社会学基礎演習」では、少人数クラスにより、「読む、書く、話す、調べる、まとめる」などのリテラシー教育を行い、大学での学習環境への円滑な適応を支援します。
  2. 2・3年次では、社会調査に必要な基礎的な知識や技法を身につける科目を設定します。3年次の実習では、質問票調査にグループ単位で取り組み、地域社会の現状把握や問題分析の方法を実践的に修得します。
  3. 3・4年次では、実習、インターンシップなどの体験学習を通じて、それまでに学んだ知識や技術の向上を図るとともに、職業人としての意識を涵養します。さらに、各自が得た知識・技術・体験を地域社会にフィードバックする具体的な活動の基礎として、少人数参加型のゼミを設置します。
  4. 地域社会への貢献を実践する科目を設置します。災害被災地や豪雪地域をはじめ支援の手を必要とする中山間地域での清掃や除雪などの生活支援活動を通じ、地域支援のあり方についての理解力や行動力の向上を図ります。
  5. すべての学生は、4年間の学びの集大成として卒業研究に取り組みます。各自の興味や関心のあるテーマについて、それまで学び、身につけた知識や研究方法を駆使し、学術的な論文として結実するようにゼミ担当教員が丁寧な個別指導を行います。 

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

人文学部現代社会学科は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。

  1. ボランティア活動や実習などの体験型学習を通じ、他者と協力して課題に取り組むことができるコミュニケーション力の習得・向上を目指したい人
  2. 福祉に関する専門的な知識や技術を身につけ、誰もが暮らしやすい地域社会の実現に貢献したい人
  3. 質問票調査などの社会調査の技法を学び、地域社会の変化をより広い視野から解決したい人
  4. 地域社会の問題に関心を持ち、官庁や企業、NPO法人などで、その解決策の決定に関わる仕事に就きたい人

学部・大学院