いわき明星大学

学部・大学院

教育方針

人文学部表現文化学科の3つのポリシー

人文学部表現文化学科では、多様な表現文化を学ぶことを通して、自己を確立し、積極的に発信することができる人材、すなわち、今日の地域社会の要請に適った人文系職業人を養成することを目標としています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

人文学部表現文化学科は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。
  1. 日本や世界の文学・文化について豊かな知識を身につけ、それらを「表現」の観点から理解することができる。
  2. 人間や文化について多面的、論理的に考え、自らのメッセージを発信することができる。
  3. 人間や文化に対して深い関心を持ち、主体的、継続的に探究しようとする意欲を示すことができる。
  4. 大学で学んだことを活用して、地域社会に貢献しようとする態度を示すことができる。
  5. 論述、発表、討論などにおいて、日本語を的確かつ効果的に使用することができる。
  6. 言語や映像を通して自分自身を表現することができる。
  7. 少なくとも一つの外国語で基礎的なコミュニケーションを行うことができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人文学部表現文化学科では、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
1〜4年次を通して、「読み、考え、書く」能力を実践的に鍛錬しつつ、「文学・言語」「映像・表現」「英語コミュニケーション」の3つの選択科目群からなる専門教育を実施します。
 3つの学問分野はそれぞれ、表現における発信者としての「自己」、読解対象としての「他者」、および読解に基づく発信(自己表現)の「技法」を中心的なコンセプトとして体系化されています。学生一人ひとりの関心とニーズに応じて柔軟な履修ができるよう、すべて選択科目とします。
  同時に、表現文化学科のすべての学生に必須の「読み、考え、書く」能力を実践的・段階的に鍛錬する目的で、必修科目として4年間にわたり少人数クラスの演習科目を設置します。
  1. 1年次では、大学での学びと専門教育とへの導入を図り、基礎的な知識・技能を幅広く身につけます。一般的なカレッジスキルの修得をめざす演習科目「表現文化基礎演習I」と、三つの学問分野に展開する多様な表現世界の「見取り図」を示し、学生の「選択」への指針・指標を提示する「表現の諸相」をコアとして設定します。
  2. 2年次では、専門的研究への橋渡しを図ります。「プレゼミ」と称される「表現文化基礎演習II」により、3つの学問分野のいずれかに傾斜して、3〜4年次の専門的研究のためのゼミへ導入するとともに、3つの学問分野それぞれの専門的研究への足掛かりを得させる科目を開設します。
  3. 3〜4年次では、「専門ゼミ」と称される「表現文化演習I」(3年次)と「表現文化演習II」(4年次)、および「卒業研究」(4年次)を通して、自ら問題を設定する力や問題の解決方法を見いだす力、さらには自己表現能力の、高度の研鑽を図ります。
  4. 1〜3年次では、幅広い視野に立ったキャリアデザイン力と職業意識を身につけさせるため、資格取得に繋がる科目、および翻訳・編集・広告コピー・映像制作等の多様な表現の技法を修得する演習科目を開設するとともに、3年次には「インターンシップ」を設置します。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

人文学部表現文化学科は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
  1. 表現文化学科で学ぶにあたって基本となる「国語」「外国語」を履修し、それらの基礎的事項を理解している人
  2. 物事を論理的にとらえ、判断する能力を備えている人
  3. 日本や外国の言語・文学・文化、文章表現・映像表現に対する興味関心を持っている人
  4. 国語・英語の教員、日本語教員、図書館司書などの仕事に就きたい人
  5. 日本語による正確で論理的な表現技術の基礎を身につけたい人
  6. 課外活動を通じて、広範な知識や関心などを養ってきている人

学部・大学院