いわき明星大学

学部・大学院

人文学部の教育方針

人文学部の3つのポリシー 

人文学部は、本学の教育理念たる「和」の精神に基づく全人教育および人文科学の目的であるヒューマニズム精神の涵養を旨とし、今日、真に求められるべき人間性とは何かについて、3学科が文化、社会、個人のそれぞれの観点から探求することを目的としています。一人ひとりの学生を大切にする手塩にかける教育を行い、文化、社会、人間への洞察力を養うとともに、それらに働きかける方法と意欲を身につけさせること、さらに教育・福祉・心理等の専門職に必要な資格を取得させることを教育目標とし、地域社会の発展と安心に貢献できる職業人を育成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

人文学部は、その教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。
  1. 現代におけるさまざまな物事や問題を人文学の方法論を用いて探求し、説明することができる。
  2. 人文学の諸分野における知識に基づき、目先の物事だけにとらわれず、さまざまな思考の枠組みで広い視野に立って物事をとらえ、実践的に考えることができる。
  3. 実社会において、あらゆる場面に対応しうるコミュニケーション能力とさまざまな状況に応じた自己表現能力を発揮することができる。
  4. 自ら問いを立て、それに答えていく力を有することで、自己の生き方の可能性を広げることができる。
  5. 教員免許(中学校: 国語・英語・社会、高等学校: 国語・英語・地理・歴史・公民)や図書館司書、学芸員、社会福祉士、精神保健福祉士等の資格取得支援を活用してキャリア設計をすることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人文学部では、その教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

  1. 1・2年次において、少人数制の基礎演習と学科基礎教育科目の学修を通して人文学全般にわたる知識と思考方法を修得させます。
  2. 専門課程では、人間性とは何かについて、三学科が文化・社会・心理のそれぞれの観点から探求し、人間や社会への洞察力を深め、他者に対し自分の考えを明確に表明するコミュニケーション能力と社会性を身につけさせます。
  3. 4年間の学修成果である卒業研究を一つのプロジェクトとしてとらえ、教員による徹底した指導の下、学生自らに目標の達成に向けて意欲的に取り組ませます。
  4. 教育・福祉・心理等の専門職に必要な資格取得も視野に置き、地域社会の発展に貢献できる職業人としての資質と自覚を養います。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

人文学部は、その教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
  1. 高校の主要教科について基礎的な知識を有し、世界の仕組みや成り立ちを考えたい人
  2. 多面的な人間の営みについて共感を持ちつつ幅広く考察し、論理的に判断することができる人
  3. ヒューマニズムの精神を大切にし、現代社会が抱えるさまざまな問題に対して積極的に取り組む意志を持っている人
  4. 激動する現代社会でたくましく生きていく力を、多様な学問分野を通して身につけたい人
 

学部・大学院