いわき明星大学

学部・大学院

教養学部ニュース

【2017.05.22】授業「フレッシャーズセミナー」の紹介

 教養学部1年生の必修科目「フレッシャーズセミナー」は、受け身の “ 生徒 ” から自発的な “ 学生 ” へ脱皮してもらうための授業です。グループワークを通じて、コミュニケーションの方法や情報収集力、プレゼンのコツといった、社会人基礎力を楽しみながら身につけていきます。
 現在は、「いわき明星大学の魅力を考える」というテーマでワークに取り組んでいます。教職員や先輩から様々な情報を集め、5月30日(火)の発表に向けて、大学の魅力をまとめている最中です。1年生が選んだキーワードを見てみると、「メジャー制度」「震災復興」「教員」「アドちゃん」「自由?!」などの言葉が並んでいます。さて、どのような発表になるのでしょうか。
 30日(火)に予定されている発表が、1年生が行う初めての本格的なプレゼンになります。「フレッシャーズセミナー」で学んだ経験をもとに、1年後には伝えたいことをしっかりと伝えることができる力が身についているはずです。今後も、彼らの成長に期待してください。(教養学部・高島翠)
 
 
各自が出し合った意見(キーワード)をKJ法でまとめる作業中。

【2017.04.19】公務員試験対策の勉強会を実施しています

 教養学部では、公務員志望の学生を対象に、教員有志による自主的な勉強会を開催しています。
 公務員になるためには、幅広い分野から出題される教養試験というハードルを越えなければなりません。そのためには授業での勉強はもちろん、さらに具体的な試験対策も欠かせません。勉強会では主に教養試験対策のための基礎固めをゼミ形式で、学生の発表を中心に行っています。
 正課外のため大学の単位にはなりませんが、それだけにやる気のある学生が参加しています。我々教員は、志を同じくする学生が互いに励まし合い、楽しく学ぶ場にしていきたいと思っています。(教養学部・菅野昌史、和足憲明)
 
公務員志望の学生が参加している勉強会(ゼミ形式)
 
先日実施した、新入生向けの「公務員試験対策勉強会」ガイダンスの様子。
公務員を志望する多数の新入生が参加しました。
 

【2017.4.7】教養学部新1年生のスタートアップセミナーが行われました!

 4月3日・4日の2日間にわたり、新1年生のスタートアップセミナーが行われました。毎年、このセミナーで必ず友達ができる、といわれる恒例の行事です。
 教養学部では、「チーム」でさまざまな活動を行う授業が特色です。初対面の人たちと「チーム」を組むためには、どのような方法でコミュニケーションをはかればよいのか、担当教員が知恵を絞って作成したゲームで学びました。また、教養学部の特色であるメジャー・サブメジャーについてレクチャーを受け、どんな授業があるのか実際に体験しました。新1年生、緊張しっぱなしの2日間でしたが、「友達ができた!」「これから勉強することがわかり、楽しみです」という感想を寄せてくれました。(教養学部・松本麻子)
 
「チーム活動」により、コミュニケーション力が高まります。
 
チームで検討した内容を発表。プレゼン力が身につくのも教養学部の特色です。

学部・大学院