いわき明星大学

学部・大学院

地域教養学科の特色

確かな基礎力を身につけ、
地域社会を支える「地域基盤型職業人」を養成。

教養学部は、「全人教育に基づき、地域社会に貢献できる人を育成する」という本学の教育目標に基づき、確かな基礎力を身につけた、これからの地域社会を支える「地域基盤型職業人」を養成することを目的としています。
そのために、「メジャー制」を導入し「キャリア教育」に重点を置いています。

地域基盤型職業人とは?

地球規模や海外も含めた広い視野を持ちながら、生まれ育った地域を大切にし、地域を拠点として活躍する「グローカルな人材」。地域の公的機関や民間企業等において中核を担い、これからの地域社会を支える人材を指しています。

「メジャー制」とは?

メジャーとは、専攻または分野を構成する科目群のこと。教養学部では、3つのメジャー(主専攻)を主軸に6つのサブメジャー(副専攻)を組み合わせることで、多様な履修が可能になります。

「キャリア教育」とは?

社会人に必須の課題発見力や実行力、仕事で活かせる各種スキルを着実に身につけ、卒業後の進路を見据えてキャリアデザインを描くことができる能力を、4年間を通して育成します。

学部・大学院