いわき明星大学

学部・大学院

医療・情報ネットワーク

地域ぐるみで薬剤師育成
医療・情報ネットワーク

地元医療関係機関との密接な連携。地域ぐるみで取り組む薬剤師育成。

病院や薬局での実務実習期間が大幅に延長され、事前実習を含めて計6か月間の実務実習が必修となります。本学では、病院・薬局実務実習東北地区調整機構の指導のもと、いわき市を中心とする病院と薬局の協力を得て実務実習教育を行います。

平成18年4月には「いわき明星大学薬学部実務実習協議会」も設置され、実務実習の在り方の検討が始まり、また多くの新設薬学部が苦戦する実習受入施設についても、関連機関の全面協力により、すでに入学定員全員の実習環境が保証されるなど、地域ぐるみで薬剤師を育成する理想的な学習環境です。将来的には、病院や薬局をはじめ、医師会や薬剤師会等と医療・情報ネットワークを形成し、臨床薬学領域における先端研究の開示を図るなど、地域医療充実への期待も高まっています。

実務実習

地元医療機関の協力による実務演習

学部・大学院