いわき明星大学

学部・大学院

薬学部の教育方針

薬学部の3つのポリシー

薬学部は、明星学苑の校訓「健康、真面目、努力」のもと、豊かな人間性を有し、地域の人々の健康を率先して守ることのできる自立した薬剤師を育成することを教育目的としています。一人ひとりの学生を大切にする手塩にかける教育を行い、医薬品の適正使用から患者への的確な服薬指導まで充分な対応ができるとともに、チーム医療の中で貢献できる、問題発見能力と問題解決能力のある質の高い薬剤師を育成し、地域社会に有為な人材を送り出すことを目指しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

薬学部薬学科は、学部の教育目標に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。
  1. 薬剤師の社会的義務を認識し、医療の担い手としてふさわしいヒューマニズムと倫理観を具現できる。
  2. 医療分野における問題点を発見して解決するために、研究マインドと知識を統合・活用する力を有する。
  3. 患者本位の医療を実施するために、チーム医療における円滑なコミュニケーションをとることができる。
  4. 地域の医療および保健に貢献するために、薬剤師としての実践的能力を有する。
  5. 薬剤師として科学と医療の進展に対応するために、生涯にわたって持続可能な主体的学習ができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学部薬学科では、学部の教育目標を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
独自の教育プログラムとして、"学生の潜在能力を自己力で点火する(ignite)"「イグナイト教育」とその発展形の「プレゼンテーション」を展開しています。「イグナイト教育」は、1~3年次までを3ステップで構成し、TBL(Team Based Learning)/ PBL(Problem Based Learning)を含む能動的学習プログラムから成り、その学修成果として、これからの薬剤師に求められる豊かな人間性、コミュニケーション力、持続可能な主体的学習力の育成ならびに課題探求・問題解決能力の基盤形成を目指します。
1年次から4年次にわたる「イグナイト教育」ならびに「プレゼンテーション」は、下記に示す"連続的で一貫した専門教育"とあいまって、6年制薬学教育の目標の実現を可能にしています。
また、編入生に関しても、それぞれの学年の配当科目に加えて、「イグナイト教育1A・1B」(2年次編入生)、「プレゼンテーション」(4年次編入生)の修得を進級要件とします。
 

1.1・2年次では、以下のような手厚い初年次教育や補習教育により、大学教育への速やかな導入を図り、入学早期から医療人を目指して自ら学んでいく自覚を養います。そのために以下の科目を設置します。

1) 生徒から学生への変容のための初年次教育として、「イグナイト教育1A」
2) 高校から大学への橋渡しを目的とした「クラムスクール(学内塾)化学」や薬学教育において重要な物理、化学、生物の基礎学力補強を目的とした演習科目
3) 研究の基礎となる考え方や技術を学ぶことを目的とした実習科目「自然科学実習入門」
4) 薬剤師の職能の理解と動機づけのための「イグナイト教育1B・ 2B(薬と仕事)」

 

2. 2・3・4年次では、専任教員によるきめ細やかな指導により、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に沿った専門知識・技能を修得し、さらにそれを応用して医療現場における問題を解決する能力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を醸成します。そのために以下の科目を設置します。
 
1) 薬剤師として必要な知識、技術、態度を身につけるための薬学専門講義と実習
2) 薬学専門科目から得られた知識と考え方を確かなものとし、問題解決に応用できる力を育成するための演習科目「ファーマドリル1〜4」
3) ヒューマニズムと倫理観ならびにコミュニケーション能力を醸成するための「イグナイト教育2A・3」
4) 薬剤師として必要な英語力を修得するための「薬学英語入門」「薬学英語」
5) プレゼンテーション能力の育成に加え、"知識を知恵に高める"ことを目指す「プレゼンテーション」
6) 地域の保健、医療、福祉の現状・問題点と災害時の薬剤師の行動規範について学ぶ「地域・災害医療学」
 
3. 4・5・6年次では、地域の病院や薬局と連携し医療現場で活躍できる薬剤師となるために、高度な問題解決能力を修得するための知識と判断力の定着を図ります。そのために以下の科目を設置します。
 
1) 医療現場における実践力養成のための「プレ実務実習」「病院実習」「薬局実習」
2) 修得した各科目の知識を統括し、医療現場における問題解決に向けて知識を総合的に活用するための「薬学要説」ならびに演習科目「ファーマドリル5、ファイナル」
3) 判断力と問題発見・問題解決能力を育成し確かなものにするための「卒業研究A・B」

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

薬学部薬学科は、学部の教育目標を達成するために、以下のような人の入学を希望します。
 
1. 薬剤師になりたい人
2. 病院や薬局でチーム医療や地域医療に貢献したい人
3. 思いやりと協調性を持って他人と接することができる人
4. 薬学を学ぶにあたって、化学、生物、物理、数学および英語の基礎的能力を身につけている人

学部・大学院