鹿児島 正豐
看護学部◎看護学科 教員プロフィール
鹿児島 正豐 教授/薬学博士
かごしま まさとよ. KAGOSHIMA Masatoyo
◎略歴
1968年 3月 北里大学薬学部薬学科卒業
1968年 4月 衛生検査技師免許証 (第6225号)
1968年 8月 薬剤師免許証 (第112344号)
1970年 3月 北里大学大学院薬学研究科修士課程修了(薬学修士)
1970年 4月 北里大学薬学部助手
1982年 10月 薬学博士 (北里大学大学院)
1983年 1月 北里大学薬学部助教授
1983年 4月
~2015年3月 
日本薬理学会評議員・学術評議員
1988年 5月
〜1990年4月 
留学(Visiting Professor)
University of Kentucky, College of Pharmacy
(Professor Dr. Anwar A. Hussain Lexington, KY, U.S.A.)
1997年 9月 財団法人 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
認定登録番号 97-04549
2001年 6月~現在 学校法人北里研究所 評議員
2007年 9月 いわき明星大学薬学部教授(臨床薬理学)
2014年 1月
〜2015年 12月  
クオールRD株式会社食品CRO事業部臨床試験割付責任者
2017年 4月 いわき明星大学 看護学部 教授
◎担当授業科目
人体の構造と機能1,2
◎専攻研究分野
薬理学・臨床薬理学
◎主な研究業績
【著 書】
  • 島田英世編 臨床薬理学(共著) 廣川書店 昭和63年10月
  • 島田英世編 薬学生のための臨床薬理学 第2版 (共著)廣川書店 平成6年4月
  • 島田英世編 薬学生のための臨床薬理学 第3版 (共著)廣川書店 平成9年9月


【総説論文】
  • 利胆薬の作用機序と薬理 薬局 35 (12) (1984) 南山堂
  • 消化管平滑筋に作用する薬物 薬局 38 (7) (1987) 南山堂
  • DDSとしてのエアロゾル JOHNS 9 (10) (1993) 東京医学社
  • ヘリコバクター・ピロリとは 化学と薬学の教室 No.140 (2000) 廣川書店


【特別講演ならびにシンポジウム等】
  • 胃粘膜保護機構の組織学的解析と薬物評価 第34回日本薬学会関東支部大会シンポジウム (1990)
  • 実験的胃潰瘍の作成法と薬効評価 第5回中国臨床薬理学会(1993) 杭州


【原著論文】
  • デキストラン硫酸ナトリウムアルミニウムのアルミニウム含量と薬理作用の関係について
    慶応医学 47 (4) (1970)
  • デキストラン硫酸ナトリウムアルミニウムの実験的潰瘍に対する抑制効果について
    Clinical Report 4 (7)(1970)
  • デトラルファートに関する薬理学的研究
    医薬品研究 3 (1) (1972)
  • Fluoxymesterone の一般薬理作用に関する研究
    応用薬理 14 (4) (1977)
  • ゲルマニウム化合物の一般薬理作用に関する研究
    応用薬理 16 (4) (1978)
  • The serosa - searing ulcer as chronic ulcer model. Experimental ulcer 8 (1981)
  • Reserpine 潰瘍における胃血管動態に関する薬理学的研究
    日薬理誌 79 (3) (1982)
  • The serosa - searing ulcer as a chronic ulcer model. (Ⅱ)Experimental ulcer 9 (1982)
  • 2'- Carboxymethoxy - 4,4' - bis ( 3 - methyl - 2 - butenyloxy ) chalcone ( SU-88 ) の胃粘膜血管に対する作用 応用薬理 23 (1) (1982)
  • ラットの胃運動面から見た reserpine 潰瘍
    日薬理誌 80 (3) (1982)
  • ラット血漿尿酸値におよぼす数種薬物の影響 -Catecholamine とβ遮断薬の作用-
    日薬理誌 84 (3)(1984)
  • Pharmacological studies on experimental duodenal ulcer. --- acetic acid - induced ---
  • Experimental ulcer 13 (1986)
  • 2 - Carboxyethylgermanium Sesquioxide の一般薬理作用に関する研究
    医学と薬学 15 (5) (1986)
  • 2 - Carboxyethylgermanium Sesquioxide の抗原性試験に関する検討
    医学と薬学 15 (5) (1986)
  • 2 - Carboxyethylgermanium Sesquioxide (Ge-132)の体内動態(第1報)経口投与
    応用薬理 32 (1) (1986)
  • 2 - Carboxyethylgermanium Sesquioxide (Ge-132)の体内動態(第2報)静脈内投与
    応用薬理 32 (1) (1986)
  • 2 - Carboxyethylgermanium Sesquioxide (Ge-132)の体内動態(第3報)連続投与
    応用薬理 32 (1) (1986)
  • The measurement of gastric mucus using a computer image processing system
    Scandinavian Journal of Gastroenterology 24 Supplementum (162) (1989)
  • Mechanism of Nasal Absorption of Drugs. Ⅲ : Nasal Absorption of Leucine Enkephalin
    Journal of Pharmaceutical Sciences Vol. 79, No.8, (1990)
  • Mechanism of Nasal Absorption of Drugs. Ⅳ : Plasma Levels of Radioactivity following Intranasal Administration of [3H]Leucine Enkephalin
    Journal of Pharmaceutical Sciences Vol. 79, No.9, (1990)
  • Hydrolysis of Peptides in the Nasal Cavity of Humans.
    Journal of Pharmaceutical Sciences Vol. 79, No. 10, (1990)
  • 3-Hydroxymethyl-2-methylimidazo〔2,1-b〕benzothiazole(NIK-228)のラットの胃液分泌および実験潰瘍に対する作用
    日薬理誌 97 (5)(1991)
  • 画像解析システムを用いた塩酸胃粘膜損傷モデルの判定法
    日薬理誌 98 (2)(1991)
  • NIK-228 の胃酸分泌抑制作用の検討-Congo red 散布法をもちいて-
    日薬理誌 98 (2)(1991)
  • Does Increasing the Lipophilicity of Peptides Enhance Their Nasal Absorption
    Journal of Pharmaceutical Sciences Vol. 80, No. 12, (1991)
  • Absorption of Acetylsalicylic Acid from the Rat Nasal Cavity.
    Journal of Pharmaceutical Sciences Vol. 81, No. 4, (1992)
  • マイクロダイエットの減量効果に関する研究
    New Food Industry 35 (12) (1993)
  • ラット胃粘液ゲル層と表層部胃粘液細胞の同時観察のための組織固定液の検討
    日薬理誌 104 (5) (1994)
  • 新規H2受容体拮抗薬,FRG-8813(7日間連続経口投与)のラット胃粘液動態に関する研究
    日薬理誌 104 (5) (1994)
  • A Serosa-Searing Apparatus for Producing Gastric Ulcer in Rat
    Journal of Pharmacological and Toxicological Methods  Vol. 32, No. 4 (1994)
  • Absorption of indometacin from nasal cavity in rats
    Acta Pharmacologica Scinica Vol. 16, No. 2 (1995)
  • ラットにおける実験的低酸素および低酸素ー再酸素化モデルの全身臓器への影響
    日薬理誌 106 (2)(1995)
  • 新規ヒスタミンH2受容体拮抗薬FRG-8813のラット胃粘液動態におよぼす作用
    日薬理誌 106 (6) (1995)
  • Histological Analysis of Protective Mechanism in Gastric Mucosa & Evaluation of Drug Efficacy
    Chinese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics Vol.1 (1)(1996)
  • A sensitive high-performance liquid chromatographic method for determining indomethacin in plasma and its application
    Chinese Pharmacological Bulletin Vol. 12 (1) (1996)
  • Effects of several denervation procedures on distribution of calcitonin gene-related peptide and substance P immunoreactive in the rat stomach
    Digestive Diseases and Sciences Vol.42, No.6 (1997)
  • Anti-inflammatory and ulcerogenic effects of 3-(N,N-diethylamino) propylindometacin HCl
    Acta Pharmacologica Sinica Vol. 18, No. 4 (1997)
  • Biphasic elevation of plasma histamine induced by water immersion stress, and their sources in rats.
    European Journal of Pharmacology Vol. 360 (1998)
  • 胃粘液ゲル層を構成するムチン糖鎖の検討 ―唾液ムチンの関与―
    Ulcer Research 25 No.2 (1998)
  • アスピリン経口投与により誘発される胃適応反応―胃粘液の関与―
    Ulcer Research 25 No.2 (1998)
  • Rat gastric mucous gel layer contains sialomucin not produced by the stomach
    The Japanese Journal of Pharmacology Vol. 81 (1999)
  • ウィズダイエットを用いたLCD療法とその効果に関する研究
    診断と治療 Vol. 87 (11) (1999)
  • Potential role of bacterial lipopolysaccharides in the development of autoimmune gastritis induced by neonatal thymectomy
    Ulcer Research 27 No.1(2000)
  • Reaction of various lectins to mucin derived from the different layers of rat gastric mucosa: Comparison of enzyme-linked lectin binding assay with lectin histochemistry.
    Biol. Pharm. Bull. 23 No.10(2000)
  • 「メディカルダイエット」を用いた外来LCD療法による軽度・中程度肥満に 及ぼす影響
    診療と新薬 Vol. 39 (5)(2002) 医事出版社
  • Vaccines containing organic mercury compound and implications in relation to BSE(bovine spongiform encephalopathy)
    Journal of Livestock Science(ISSN No.2277-6214)2012 Volume 3 page 7-26
  • Effect of Lactobacillus gasseri SBT2055 in fermented milk on abdominal adiposity in adults in a randomised controlled trial
    British Journal of Nutrition Vol.110 No.6 1696~1703 (2013)

◎主な学会活動
日本潰瘍学会
◎その他
北里大学薬友会理事
趣味 釣り、ハワイアン音楽など