菊池 雄士
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
菊池 雄士 教授/博士(医学)
きくち ゆうじ. KIKUCHI Yuji
◎副学長/図書館長/学修総合支援センター長

学生・受験生へのメッセージ

知識を身につけるだけだけではなく、生命科学の不思議さ、それを探求することの面白さを皆さんと一緒に追い求めたいと思っています。

◎略歴
1983年 電気通信大学電気通信学部卒業
1983年 オリンパス光学工業株式会社(現オリンパス株式会社)勤務
(1988年〜1990年 バーゼル免疫学研究所 留学)
1994年 東京大学医科学研究所 助手
1997年 社団法人北里研究所 研究員
2001年 北里大学北里生命科学研究所 助教授
2007年 いわき明星大学薬学部 教授
◎担当授業科目
免疫学、微生物学、生化学1、生物系実習、イグナイト教育1A 他
◎専攻研究分野
免疫学(感染免疫、アレルギー)
◎主な研究業績
  • Interleukin 5 plays a key role in mouse strain dependent susceptibility to contact hypersensitivity through its effects on initiator B cells. Itakura, A., Ikutani, M., Takatsu, K. and Kikuchi, Y., Intl. Arch. Allergy Immunol., 161(2):98-106, 2013
  • Structures of DNA duplexes containing O6-carboxymethylguanine, a lesion associated with gastrointestinal cancer, reveal a mechanism for inducing pyrimidine transition mutations. Zhang, F., Tsunoda, M., Suzuki, K., Kikuchi, Y., Wilkinson, O., Millington, CL., Margison, GP., Williams, DM., Morishita, E. and Takenaka, A., Nucleic Acids Res., 41(10):5524-5532, 2013
  • Epitope mapping of neutralizing antibody in avian influenza A H5N1 virus hemagglutinin. Ohkura, T., Kikuchi. Y. Kono, N., Itamura, S., Komase, K., Momose, F/ and Morikawa, T. Biochem.Biophys.Res.Commun., 418(1),38-43,2012
  • Evaluation of Salmonella enterica serovar Typhimurium slyA mutant strains for use in live attenuated oral vaccines. Haneda, T., Okada, N., Kikuchi, Y., Takagi, M., Kurataki, T., Miki, T., Arai, S. and Danbara, H. Comp.Immunol.Microbiol.Infect.Dis., 34(5):399-409,2011
  • Binding of Salmonella-specific antibody facilitates specific Tcell responses via augumentation of bacterial uptake and induction of apoptosis in macrophages. Eguchi, M. .and Kikuchi, Y. J. infect. Dis. 201:62-70,2010
  • Expressed salmonella antigens within macrophages enhance the proliferation of CD4+ and CD8+ Tlymphocytes via bystander dendritic cells. Eguchi, M., Sekiya, Y.,Kikuchi, Y., Takaya,A., Yamamoto,T. and Matsui, H. FEMS Immunol. Med.Microbiol. 50:411-420,2007
  • Visualization of microtubule-mediated traansport of Influenza viral progeny ribonucleoprotein. Momose,F., Kikuchi, Y., Komasse, K.and Morikawa,Y . Microbes and Infect. 9:1422-1433,2007

  他

【著書、総説】
  • サイトカイン・増殖因子による調節機構 スタンダード薬学シリーズ Ⅱ生物系薬学 Ⅱ.人体の成り立ちと生体機能の調節(日本薬学会編)、菊池雄士(分担執筆)、pp200-211、2015、東京化学同人
  • 生物学的製剤 「化学療法学-病原微生物・がんと戦う」(上野芳夫、大村智 監修)、菊池雄士(分担執筆)、pp183-190,2009、南江堂
  • 宿主の感染防御因子 「基礎病原微生物学」(檀原宏文、田口文章編)、菊池雄士、檀原宏文(分担執筆):pp261-285、2005、廣川書店

  他
◎主な学会活動
免疫学会(評議員)、薬学会、細菌学会、ウイルス学会
◎その他