金 世煥
教養学部◎地域教養学科 教員プロフィール
金 世煥 准教授/商学博士
キム セファン. Kim Sea Whan

学生・受験生へのメッセージ

実践に基づいた分かりやすいマーケティング戦略を、成功事例と失敗事例を中心に学習します。皆さんの関心があるテーマ、例えば、学園祭のイベントの企画から実行に至るまでの一連の流れを直接、参加して経験して頂きます。理論(本)だけでは説明できない即戦力に活用できる実践マーケティングを皆様と共に目指したいと思います。

◎略歴
1991年 (韓国)国立昌原大学 フランス語フランス文学科卒業
1998年 (韓国)慶南大学 大学院 経営学科 マーケティング専攻 修士課程修了
2005年 日本大学 大学院 商学研究科 マーケティング専攻 博士後期課程修了(商学博士)
2015年 いわき明星大学 教養学部 准教授
現、(一般社団法人)政経文化交流会 理事長
(韓国)中小企業銀行(現IBK企業銀行)、(特別法人)韓国生産性本部ブランド経営センターにて企業調査・企業コンサルタント等を経験
◎担当授業科目
マーケティング1・2、サービスマネジメント1・2、サービスマネジメント事例研究、消費と流通1・2、経営と戦略2、キャリアデザイン1・2・3・4、キャリアデザイン、特講A、インターンシップ、フレッシャーズセミナー1・2、地域と社会、専門ゼミ1・2、韓国の社会と文化、韓国語1・2
◎専攻研究分野
マーケティング、サービスマネジメント、ITマーケティング、観光マーケティング、フードサービスマーケティング、商品・サービス企画及び開発戦略、異文化マーケティング など
◎主な研究業績
  • (共著)、「食品ロスの国際比較研究序説–とくに、日本人と韓国人の食行動に連関して-」、日本フードサービス学会、『日本フードサービス学会年報』第7号、53頁〜60頁、2002年7月。
  • 「フードサービス産業においてのサービス品質に関する研究」、日本大学大学院商学研究科、『日本大学商学論叢』第27号、41頁〜51頁、2003年3月。
  • 「フードサービス産業における知覚品質に関する研究(日韓比較)」、日本フードサービス学会、『日本フードサービス学会年報』第8号、29頁〜38頁、2004年3月。
  • (共著)、「食の安全・安心のための構造問題と持続可能なトレーサビリティ・システムの有効性に関する研究」、(独立行政法人)日本学生支援機構Tokyo International Exchange Center 『Research & Presentation』Vol.7、6頁〜20頁、2004年12月。
  • (共著)、「日・韓外食サービス産業における食の安全性に関する実証研究」、日本フードサービス学会、『日本フードサービス学会年報』第9号、121頁〜124頁、2005年3月。
  • 「日韓フードサービス産業における顧客満足モデルに関する実証研究」、日本消費経済学会、『日本消費経済学会年報』第26集、235頁〜241頁、2005年3月。
  • 「顧客満足モデルに関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第1号、105頁〜123頁、2005年6月。
  • (共著)、「価格割引広告に対する消費者のブランド選好度と参照フレームの影響に関する研究」、日本フードサービス学会、『日本フードサービス学会年報』第10号、132頁〜138頁、2005年12月。
  • 「フード・サービス産業におけるサービス概念に関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第2号、59頁〜69頁、2006年5月。
  • 「地域再生のための地域ブランドに関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第3号、68頁〜75頁、2007年7月。
  • 「日本での韓国飲食店の現状と特徴に関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第4号、163頁〜171頁、2008年7月。
  • 「地域を活性化するための参加型プログラムに関する研究-SNS(Social Networking Service)を中心に」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第5号、111頁〜119頁、2009年7月。
  • 「商業におけるITの導入と活用に関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第6号、126頁〜139頁、2010年9月。
  • 「韓国を訪問する日本人観光客の選択要因に関する研究」、日本グローバル・マーケティング学会、『日本グローバル・マーケティング学会研究論文集』第7号、173頁〜182頁、2011年11月。
  • 「食商品の安全性を確保するための食品表示の役割」、『いわき明星大学大学院人文学研究科紀要』第13号、20頁~33頁、2016年3月。
  • (共著)、「いわき明星大学教養学部における初年次教育の実践と考察」、『いわき明星大学研究紀要 人文学・社会科学・情報学篇』第1号通巻29号、3頁~16頁、2016年3月。
  • 「カラーデザインを通じた病院マーケティング戦略に関する研究」、『いわき明星大学大学院人文学研究科紀要』第14号、1頁~10頁、2017年3月。
  • (共著)、「大学初年次の学生の専門課程についての意識とキャリア意識の変化」、『いわき明星大学研究紀要 人文学・社会科学・情報学篇』第2号通巻30号、139頁~156頁、2017年3月。
  • 「観光サービスにおける訪日韓国人観光客の期待要因と満足要因に関する実証研究」、『いわき明星大学大学院人文学研究科紀要』第15号、1頁~14頁、2018年3月。


(著書)
  • (共著)、『商品知識ミニブックスシリーズ 食商品学入門-焼いもからグルメツアーまで-』、日本フードスペシャリスト協会・日本食糧新聞社、2003年7月23日。
  • (共著)、経営学検定試験公式テキスト『(4)マーケティング』、中央経済社、2004年2月15日。
  • (共著)、『食商品学-焼いもからグルメツアーまで-』、日本フードスペシャリスト協会・日本食糧新聞社、2004年9月10日。
  • (共著)、『マーケティング論概説』、記録舎、2005年4月15日。
  • (共著)、『現代商業学』、慶應義塾大学出版会、2010年11月5日。
  • 『ストア・マーケティングマニュアル』、 民団韓食ネット協議会(韓国農水産流通公社)、2011年11月30日。
  • (共著)、『大学キャリア教育としての地域連携型PBL』、雄峰舎、2017年3月20日。


(翻訳書)
  • 本著名: 博報堂㈱ブランドコンサルティング【著】
  • (共訳)、『ブランド経営』(日本の書名:ブランド構築の進め方)、(韓国)One & One Books(日本の出版社:日本能率協会マネジメントセンター)、2004年7月5日。
  • 梅沢 昌太郎【著】
  • (共訳)、『農食品履歴追跡管理』(日本の書名:トレーサビリティ)、韓国農村振興庁(日本の出版社:白桃書房)、2005年12月。
  • 小松田 勝【著】
  • (共訳)、『東京ディズニーランドの顧客満足の秘密』(日本の書名:東京ディズニーランドの継続成長の秘密)、韓国生産性本部情報文化院(日本の出版社:商業界)、2009年4月15日。

◎主な学会活動
日本消費経済学会、日本フードサービス学会、日本ビジネス実務学会、International Society of Business、韓国美容芸術経営学会、韓国企業経営学会、大韓観光経営学会、韓国イベント学会
◎その他
(特許) 発明の名称: 観光客のための地域情報の提供方法、それに使用されるウェブサーバー 及び移動端末機、発明者: 金 世煥、特願:2010-0068662(韓国)、2010年7月15日