松本 司
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
松本 司 教授/博士(薬学)
まつもと つかさ. MATSUMOTO Tsukasa
◎薬学部5年次学年主任

学生・受験生へのメッセージ

色々なことに興味を持って学び、幅広い知識を持った薬剤師を目指して下さい。

◎略歴
1983 年 北里大学薬学部卒業
1983 年 北里研究所 附属東洋医学総合研究所( 2001 年 3 月まで)
1997 年 帝京大学薬学部 非常勤講師(東洋医学概論)( 2008 年 3 月まで)
2001 年 北里大学北里生命科学研究所 専任講師( 2008 年 3 月まで)
2002 年 北里大学大学院感染制御科学府 専任講師( 2008 年 3 月まで)
2008 年 いわき明星大学薬学部 准教授( 2013 年 3 月まで)
2013 年 いわき明星大学薬学部 教授
◎担当授業科目
薬理学、薬の基原、漢方医薬学、漢方治療学、ほか
◎専攻研究分野
和漢薬物学、免疫薬理学
◎主な研究業績
【原著論文】
英文原著論文 82編

  1. Matsumoto T , Moriya M, Kiyohara H, et al. Hochuekkito, a Kampo (Traditional Japanese Herbal) Medicine, and its Polysaccharide Portion Stimulate G-CSF Secretion from Intestinal Epithelial Cells. Evid. Based Complement. Alternat. Med. 2010, 7:331-340.
  2. Matsumoto T , Noguchi M, Hayashi O, et al. Hochuekkito, a Kampo (traditional Japanese herbal) medicine, enhances mucosal IgA antibody response in mice immunized with antigen-entrapped biodegradable microparticles . Evid. Based Complement. Alternat. Med. 2010, 7:69-77.
  3. Matsumoto T , Moriya M, Sukurai MH, et al. Stimulatory effect of a pectic polysaccharide from a medicinal herb, the roots of Bupleurum falcatum L., on G-CSF secretion from intestinal epithelial cells. Int. Immunopharmacol. 2008, 8:581-588.
  4. Matsumoto T , Hosono-Nishiyama K, Yamada H. A pectic polysaccharide isolated from the roots of Bupleurum falcatum L. stimulates the tyrosine phosphorylation of lipid rafts of murine B cells. Biol. Pharm. Bull. 2008, 31:931-934.
  5. Matsumoto T , Takahashi T, Yamada H. A novel approach for screening of new anti- Helicobacter pylori substances. Biol. Pharm. Bull. 2008, 31:143-145.  ほか
【著書、総説】

  • 松本 司、他(分担執筆): 主な漢方処方の薬理作用と作用機序 「薬学生のための漢方医薬学 改訂第2版」(山田陽城、花輪壽彦、金 成俊編)、 pp.99-159 、 2012 、南光堂
  • Matsumoto T, Yamada H. "Immunological properties of Juzen-taiho-to", Juzen-taiho-to (Shi-Quan-Da-Bu-Tang) -Scientific evaluation and clinical applications- (edited by Yamada H and Saiki I) pp.65-84, CRC press, New York (2005)


その他

出願特許13件
◎主な学会活動
日本薬学会、和漢医薬学会、日本薬理学会、日本食品免疫学会
◎その他