櫻井 映子 
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
櫻井 映子  教授/薬学博士
さくらい えいこ. SAKURAI Eiko

学生・受験生へのメッセージ

素敵な私を見つけましょう。自分の物語を演出するのは自分と仲間との出会いと環境です。そこで自分の未知の力を見つけてみませんか?

◎略歴
1976年      東北薬科大学薬学部薬学科卒業
1977〜1985年  日本大学理工学部薬学科 研究生、副手、助手
1984〜1988年  昭和大学大学院薬学研究科 研究生
1988年      東北大学医学部・医学系研究科 教務補佐員、文部科学技官教育職
2004年      東北大学大学院医学系研究科 助手、助教
2009年      東北大学大学院医学系研究科 准教授
2009年      いわき明星大学薬学部教授
◎担当授業科目
環境衛生学、薬品安全性学、臨床栄養学、健康と環境要説、衛生系実習、イグナイト教育 ほか
◎専攻研究分野
神経科学・神経薬理、食生活と健康、環境系薬学、医療系薬学
◎主な研究業績
  • 原著論文(5年以内の論文の抜粋他87編)

  1. Ueda Y, Yaginuma T, Sakurai E, Sakurai E., N-Demethylation and N-oxidation of imipramine in rat thoracic aortic endothelial cells. In Vitro Cell Dev Biol Anim., 2014 ; 50(6) : pp.496-501.
  2. Sakurai E, Ueda Y, Mori Y, Shinmyozu Y, Sakurai E., Flavin-Containing Monooxygenase (FMO) Protein Expression and Its Activity in Rat Brain Microvascular Endothelial Cells., Pharmacology & Pharmacy, 2013; 4, : pp.1-6
  3. Sakurai E, E Sakurai, Yanai k, Ishii K, Yamauchi S, Koshio S, Matsuyama S, Koka M, S, Satoh T, Kamiya T., Approaches to isolation and culture of mice LMECs, and Effects of nicotine on trace elements distribution in LMECs, JAEA-Review, 2012; 2013-059: p. 88.
  4. Kuramasu A, Sukegawa J, Sato T, Sakurai E, Watanabe T, Yanagisawa T, Yanai K., The hydrophobic amino acids in putative helix 8 in carboxy-terminus of histamine H(3) receptor are involved in receptor-G-protein coupling., Cell Signal. 2011 ; 23(11): pp.1843-9.
  5. Sakurai E, Sakurai E, Ueda Y, Yagi Y., Enhancing effect of zinc on L-histidine transport in rat lung microvascular endothelial cells., Biol Trace Elem Res. 2011 ;142(3) : pp.713-22.
  6. Sakurai E, Yanai k, Ishii K, Hiraishi S, Yamauchi S, Yamazaki H, Matsuyama S, Okamura N, Yokoyama A, Kada W, Koda M, S, Satoh T, Kamiya T., Measurement of trace elements in histamine receptor deficient mice brain slices by in-air micro PIXE, JAEA-Review, 2011;2012-046: p.81,.
  7. Sakurai E, Ishii K, Yamauchi S, Yamazaki H, Yamazaki A, Kada W, Koda M, S, Satoh T, Kamiya T., Measurement of trace elements in natural water in Iwaki city after earthquake by in-air micro PIXE, JAEA-Review, 2011; 2012-046: p.54.
  8. Lü YQ, He RR, Watanabe H, Abe K, Sakurai E, Yanai K, Kurihara H, Effects of a chicken extract on food-deprived activity stress in rats., Biosci Biotechnol Biochem. 2010 ;74(6): pp.1276-8.
  9. Xu A, Sakurai E, Kuramasu A, Zhang J, Li J, Okamura N, Zhang D, Yoshikawa T, Watanabe T, Yanai K., Roles of hypothalamic subgroup histamine and orexin neurons on behavioral responses to sleep deprivation induced by the treadmill method in adolescent rats.,J Pharmacol Sci. 2010;114(4): pp. 444-53.

  • 著書 「最新公衆衛生学」、「覚せい剤と麻薬依存」、「学校環境衛生の基準」解説、「環境ってなあに?」、「登録販売者標準テキスト」、ハーバード大学講義テキスト「臨床薬理学」渡邉祐司 監訳、他5編
  • テーマ: ヒスタミン神経系のストレス防御作用、規制薬物の生体に及ぼす影響とそのメカニズムの解明、生体内微量元素の役割について、など
  • 総説、櫻井映子、ヒスタミンのNMDA受容体機能調節に関する新たな展開、ファルマシア 46(10), 969-971, 2010 他

◎主な学会活動
日本薬理学会代議員・評議委員、日本ヒスタミン学会・幹事、日本神経精神薬理学会、日本神経化学会、日本神経科学会、日本薬学会、日本薬剤師会、臨床薬理学会、第87回日本薬理学会年会組織委員会委員、第23回神経行動薬理 若手研究者の集い(第19回大会長). 実行委員長 ( 第23回 大会長)、活性アミンに関するワークショップ・世話人

◎その他
日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師、スポーツファーマシスト、福島県薬剤師会放射線ファーマシスト、日本食品安全協会・健康食品管理士会東北支部副支部長