佐々木 秀明
科学技術学部◎生命科学コース 教員プロフィール
佐々木 秀明 准教授/博士(理学)
ささき ひであき. SASAKI Hideaki

学生・受験生へのメッセージ

大学生活の中で何か一つ、大切なものを見つけて,有意義な学生生活をおくってください。

◎略歴
1997年 熊本大学理学部生物科学科 卒業
2002年 神戸大学大学院自然科学研究科 修了
2002年 神戸大学遺伝子実験センター 教務補佐員
2004年 神戸大学内海域環境教育研究センター 研究員
2005年 いわき明星大学科学技術学部 研究助手
2008年 いわき明星大学科学技術学部 助教
2010年 いわき明星大学科学技術学部 准教授
◎担当授業科目
生化学、分子遺伝学、微生物学、バイオエンジニアリング、基礎生物学、生化学特論(大学院)、化学実験、卒業研究 他
◎専攻研究分野
藻類学、微生物生理学
◎主な研究業績
  • Sasaki H, Sato D, Oshima A. Importance of high-expression proline transporter PutP to the adaptation of Escherichia coli to high salinity. Biocontrol Sci. 22: in press.
  • Sasaki H, Tamaoki H, Nakata Y, Sato K, Yamaguchi Y, Takenaka H. Localization of cesium and strontium in terrestrial cyanobacteria Nostoc commune. Algal Resources 9: in press.
  • Sasaki H, Sakamoto S, Sato K. Accumulation of radioactive cesium released from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in wild plants grown on grassy plain. Nat Environ Sci Res 29: 41-47 (2016).
  • 佐々木秀明:藻類による放射性セシウムのモニタリングと除染の試み:財界ふくしま 45: 127-134 (2016).
  • Sasaki H, Iwata E. Vital staining of acidic compartments in brown alga Desmarestia viridis cells. Bull Soc Sea Water Sci, Jpn 69: 118-119 (2015).
  • 山口裕司,榊節子,尾形剛宜,佐藤健二,佐々木秀明,竹中裕行:市販防虫ネットを利用した陸生藍藻イシクラゲNostoc communeによる放射性セシウムの吸収・固定法の効率化:Algal Resources 8: 65-69 (2015).
  • Sasaki H, Kubota Y, Sato H, Iwata E. Bluegill Lepomis macrochirus vitellogenin gene transcription as a biomarker for xenoestrogenic contamination of water environments. Nat Environ Sci Res 27: 1-7 (2014).
  • Kawai H, Kitamura A, Mimura M, Mimura T, Tahara T, Aida D, Sato K, Sasaki H. Radioactive cesium accumulation in seaweeds by the Fukushima 1 Nuclear Power Plant accident – Two years’ monitoring at Iwaki and its vicinity. J Plant Res 127: 23-42 (2014).
  • Sasaki H, Shirato S, Tahara T, Sato K, Takenaka H. Accumulation of radioactive cesium released from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in terrestrial cyanobacteria Nostoc commune. Microbes Environ 28: 466-469 (2013).
  • Sasaki H, Oshima A, Ishida A, Nagata S. Effect of overexpression of proline dehydrogenase on high saline adaptation through proline utilization in Escherichia coli. Afr J Microbiol Res 7: 245-251 (2013).
  • 竹中裕行,山口裕司,榊節子,佐藤健二,佐々木秀明:陸生藍藻イシクラゲ(Nostoc commune)による生物除染の可能性:Algal Resources 5: 53-60 (2013).
  • Sasaki H, Kuriki K, Oshima A, Ishida A, Nagata S. Effect of overexpression of proline transporter ProP on high saline adaptation in Escherichia coli. Bull Soc Sea Water Sci, Jpn 66: 30-35 (2012).

◎主な学会活動
日本農芸化学会、日本藻類学会、日本植物学会、日本水産学会、日本海水学会
◎その他
2013年:日本海水学会奨励賞
2006年:第9回日本藻類学会論文賞