佐藤 陽
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
佐藤 陽 助教/博士(薬学)
さとう あきら. SATO Akira

学生・受験生へのメッセージ

「臨床現場などで活躍し、広く社会に貢献できる薬剤師」を目指して、薬学の「基礎」・「臨床」の知識をしっかりと着実に学んでいきましょう。

◎略歴
2001年 東北大学薬学部 卒業
2001年 薬剤師免許取得
2003年 東北大学大学院薬学研究科 医療薬科学専攻 博士前期課程修了
2003年4月~2007年3月 財団法人大原綜合病院 薬剤部勤務 (薬剤師)
2007年4月~2013年3月 いわき明星大学薬学部 研究助手
2012年 東北大学大学院薬学研究科 医療薬科学専攻 博士後期課程(社会人)修了
2012年 博士(薬学)取得:東北大学
2013年4月~ いわき明星大学薬学部 助教(現在に至る)
◎担当授業科目
イグナイト教育1A、イグナイト教育2B、薬品安全性学、臨床薬物動態学、臨床薬学1、臨床統計学、公衆衛生学、薬学英語入門、食品の科学、衛生系実習、自然科学実習入門、卒業研究A、卒業研究B
◎専攻研究分野
衛生系薬学
◎主な研究業績
[ 原著論文 ]
  • Sato, A., Yamazaki, Y., Ebina, K., A method for in vitro measurement of oxidized low-density lipoprotein in blood, using its antibody, fluorescence-labeled heptapeptide and polyethylene glycol, J. Fluoresc. in press (2017)
  • Sato, A., Ebina, K., A biotinylated peptide, BP21, as a novel potent anti-anaphylactic agent targeting platelet-activating factor, J. Pept. Sci. in press (2017)
  • Sato, A., Ueda, C., Kimura, R., Kobayashi, C., Yamazaki, Y., Ebina, K., An giotensin II induces the aggregation of native and oxidized low-density lipo protein, Eur. Biophys. J. in press (2017)
  • Sato, A., Ueda, C., Kimura, R., Kobayashi, C., Yamazaki, Y., Ebina, K., A fluorescence-labeled heptapeptide, (FITC)KP6, as an efficient probe for the specific detection of oxidized and minimally modified low-density lipoprotein, J. Fluoresc., 26, 1141-1150 (2016)
  • Sato, A., Yokoyama, I., Ebina, K., Angiotensin peptides attenuate platelet-activating factor-induced inflammatory activity in rats, Peptides, 73, 60-66 (2015).
  • Sato, A., Yokoyama, I., Ebina, K., Biotinylated heptapeptides substituted with a D-amino acid as platelet-activating factor inhibitors, Eur. J. Pharmacol., 764, 202-207 (2015)
  • Sato, A., Oe, K., Yamanaka, H., Yokoyama, I., Ebina, K., C-reactive protein specifically enhances platelet-activating factor-induced inflammatory activity in vivo, Eur. J. Pharmacol., 745, 46-51 (2014)
  • Sato, A., Yamanaka, H., Oe, K., Yamazaki, Y., Ebina, K., Novel fluorescently labeled peptide compounds for detection of oxidized low-density lipoprotein at high specificity, Chem. Biol. Drug Des., 84, 443-449 (2014)
  • Sato, A., Kumagai, T., Ebina, K., A synthetic biotinylated peptide, BP21, inhibits the induction of mRNA expression of inflammatory substances by oxidized- and lyso-phosphatidylcholine, Drug Dev. Res., 75, 246-256 (2014)
  • Sato, A., Yamanaka, H., Oe, K., Yokoyama, I., Yamazaki, Y., Ebina, K., Highly stable, fluorescence-labeled heptapeptides substituted with a D-amino acid for the specific detection of oxidized low-density lipoprotein in plasma, Chem. Biol. Drug Des., 85, 348-355 (2015)
  • Sato, A., Ebina, K., Common mechanism in endothelin-3 and PAF receptor function for anti-inflammatory responses, Eur. J. Pharmacol., 718, 30-33 (2013)
  • Sato, A., Suzuki, T., Oikawa, K., Ohta, R., Ebina, K., An endothelin-3-related synthetic biotinylated pentapeptide as a novel inhibitor of platelet-activating factor, Eur. J. Pharmacol., 714, 142-147 (2013)
  • Sato, A., Ebina, K., Endothelins specifically recognize lysophosphatidylcholine micelles, J. Pept. Sci., 19, 355-361 (2013)
  • Sato, A., Ebina, K., Endothelin-3 at low concentrations attenuates inflammatory responses via the endothelin B2 receptor, Inflamm. Res., 62, 417-424 (2013)
  • Sato, A., Aoki, J., Ebina, K., Synthetic biotinylated peptide compound, BP21, specifically recognizes lysophosphatidylcholine micelles, Chem. Biol. Drug Des., 80, 417-425 (2012)
  • Sato, A., Kumagai, T., Aoki, J., Ebina, K., Synthetic biotinylated peptide compounds derived from Asp-hemolysin: novel potent inhibitors of platelet-activating factor, Eur. J. Pharmacol., 685, 205-212 (2012)
  • Matsuda, T., Shimada, M., Sato, A., Akase, T., Yoshinari, K., Nagata, K., Yamazoe, Y., Tumor necrosis factor-alpha-nuclear factor-kappa B-signaling enhances St2b2 expression during 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate-induced epidermal hyperplasia, Biol. Pharm. Bull., 34, 183-190 (2011)
  • 佐藤 陽, 北村 奈央子, 佐藤 文枝, 渡邉 拓郎, 菅野 喜隆, 大原綜合病院における薬物治療モニタリング業務の現状と課題, TDM研究, 26, 84-90 (2009)
  • Shimada, M., Matsuda, T., Sato, A., Akase, T., Matsubara, T., Nagata, K., Yamazoe, Y., Expression of a skin cholesterol sulfotransferase, St2b2, is a trigger of epidermal cell differentiation, Xenobiotica, 38, 1487-1499 (2008)
  • Shimada, M., Kamiyama, Y., Sato, A., Honma, W., Nagata, K., Yamazoe, Y., A hydroxysteroid sulfotransferase, St2b2, is a skin cholesterol sulfotransferase in mice, J. Biochem., 131, 167-169 (2002)


[ 特許 ]
  • 佐藤 陽, 蝦名 敬一, 蛍光標識ペプチド化合物, 公開特許公報(A), 特開2015-027961
  • 佐藤 陽, 蝦名 敬一, 抗PAF活性を有するビオチニル化ペプチド化合物, 特許第5982676号 (2016年8月取得)


[ 総説 ]
  • 佐藤 陽, 脂質を標的としたペプチド創薬研究, 「私の研究」, 福島の進路, 2017年4月.
  • 佐藤 陽, 蛍光標識ペプチドを用いた新規動脈硬化診断薬の開発研究, YAKUGAKU ZASSHI, 136, 1367-1372 (2016)
  • 佐藤 陽, 蝦名 敬一, 血小板活性化因子を標的とした新規抗炎症剤の開発, 化学工業, 65, 548-554 (2014)
  • 佐藤 陽, 蝦名 敬一, Asp-hemolysin由来合成ペプチドと酸化LDL/リゾリン脂質の相互作用, 生化学, 85, 353-357 (2013)
  • 佐藤 陽, 蝦名 敬一, PAF依存性炎症を特異的に抑える新規ペプチド性薬剤の開発, 化学工業, 64, 265-270 (2013)


[ その他 ]
  • 2012年2月 JST A-STEP技術移転シーズ集掲載:「PAF依存性炎症を特異的に抑える新規薬剤の開発」
  • 2012年3月 日本薬学会第132年会・報道機関向け講演ハイライト選出・掲載:「合成ビオチニル化ペプチド化合物のin vivoにおける抗PAF活性評価」
  • 2013年7月 「アカデミックフォーラム」講演:専門誌「フレグランスジャーナル」掲載
  • 2014年3月 日本薬学会第134年会発表内容:「科学新聞」掲載

◎主な学会活動
日本薬学会、日本生化学会、日本脂質生化学会、日本動脈硬化学会
◎その他
【外部資金】
  1. 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業A-STEP
    平成22年度 FSステージ・探索タイプ 研究代表・責任者
    「高機能性ペプチドを用いた新しい抗炎症剤の開発」
    平成22年10月1日~平成23年3月31日 

  2. 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業A-STEP
    平成24年度第2回 FSステージ 探索タイプ 研究責任者
    「動脈硬化症予防・診断のための新規酸化LDL測定試薬の開発」
    平成24年11月1日~平成25年10月31日

  3. 日本私立学校振興・共済事業団
    平成26年度学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
    「PAF依存性炎症を特異的かつ劇的に抑制するペプチド性薬剤の開発」
    平成26年4月1日~平成27年3月31日

  4. 公益財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団
    第14回インテリジェント・コスモス奨励賞 奨励金
    「蛍光標識ペプチドを用いた新規動脈硬化診断薬の開発」
    平成27年5月18日~平成28年3月31日

  5. 一般財団法人ニッポンハム食の未来財団
    平成28年度公募型助成事業 個人研究助成
    「ビオチニル化ペプチドを用いた新規アナフィラキシー治療薬の開発」
    平成28年4月1日~平成29年3月31日

  6. 科学研究費助成事業 学術研究助成基金助成金
    若手研究(B) 研究代表者 16K19201
    「高機能性ペプチドを用いた血中酸化LDL濃度定量法の開発と体外診断への応用」
    平成28年4月1日~平成31年3月31日

【受賞等】
  • 2012年3月 日本薬学会第132年会一般学術発表講演ハイライト
    「合成ビオチニル化ペプチド化合物のin vivoにおける抗PAF活性評価」
  • 2014年3月 日本薬学会第134年会一般学術発表講演ハイライト
    「酸化LDLを特異的に検出する蛍光標識ペプチドの開発」
  • 2015年5月 第14回インテリジェント・コスモス奨励賞
  • 2015年12月 平成27年度日本薬学会東北支部奨励賞