末次 晃
教養学部◎地域教養学科 教員プロフィール
末次 晃 教授/博士(学術)
すえつぐ あきら. SUETSUGU Akira

学生・受験生へのメッセージ

心の働きは複雑で、まだまだ分からないことがたくさんあります。それをひとつひとつ明らかにしていく 作業は、大変ですが、わくわくする、面白い営みでもあります。この楽しみを一緒に味わいませんか?

◎略歴
1991 年 神戸大学文学部 哲学科(心理学専攻)卒業
1994 年 神戸大学大学院 文学研究科 社会学科(心理学専攻)修了
1999 年 神戸大学大学院 文化学研究科 社会文化専攻修了
2000 年 神戸大学大学院 文化学研究科 助手
2003 年 神戸大学大学院 経営学研究科 助手
2007 年 現職
◎担当授業科目
心理と人間行動、学習心理学、心理データ処理演習、心理学基礎実験1および2(分担)、心理学実験法演習(分担)、産業心理学(分担)
◎専攻研究分野
実験心理学
◎主な研究業績
  • 実験心理学から見たファンタジー. 2002 九州大学出版会「ファンタ ジーの世界」  309-322. 共著
  • 回転刺激後の動眼回転性錯視と正中面偏位の経時的変化. 2000 心理学研究第 70巻, 462-468.  共著
  • 片側頚筋への振動刺激が主観的正面と視覚対象の定位に及ぼす効果 , 2007, 心理学研究第 78 巻, 381-389.  共著
  • Time course of the change in subjective straight-ahead after vestibular stimulation. 2008 Journal of Vestibular Research, 18(2-3), 107-116. (共著)
  • 学習 2011 明星大学出版部「心の科学 基礎から学ぶ心理学」71-86.
  • 自己顔再認と自己肯定意識との関連性に関する予備的検. 2014 いわき明星大学大学院人文学研究科紀要, 第12号, p100-110.
  • 臨床動作法の時尾弛緩課程における体験と生理反応の検討Ⅰ. 2015いわき明星大学人文学部研究紀要, 第28号, p152-158.
  • 臨床動作法の時尾弛緩課程における体験と生理反応の検討Ⅱ. 2015いわき明星大学人文学部研究紀要, 第28号, p159-163.

◎主な学会活動
日本心理学会、日本臨床動作法学会
◎その他