鈴木 久美子
看護学部◎看護学科 教員プロフィール
鈴木 久美子 講師/学術修士
すずき くみこ. SUZUKI Kumiko

学生・受験生へのメッセージ

相手を思いやる気持ちと他者との協調性が看護を実践するうえで重要だと思います。一緒に看護を学び、その素晴らしさを体験しましょう。

◎略歴
昭和57年 東京大学医学部附属 助産婦学校 卒業
昭和57年 東京大学医学部附属 病院産婦人科 入職
平成 6年 東京大学医学部附属 助産婦学校 専任講師
平成14年 文部科学省高等教育局 医学教育課 看護専門職
平成16年 東京大学医学部附属病院 副看護部長(教育担当)
平成18年 山梨大学医学部附属病院 副病院長・看護部長
平成19年 放送大学 大学院 文化科学研究科 修士課程 修了(学術修士)
平成26年 東京医療保健大学 看護学部 准教授
平成29年 いわき明星大学 看護学部 講師
◎担当授業科目
健康生活看護学(母性援助)、健康生活看護学実習(母性)、チーム医療、看護マネジメント、看護学シミュレーション、看護学、看護学統合実習、卒業研究
◎専攻研究分野
看護教育、看護管理
◎主な研究業績
  • A大学病院に就業する中堅看護師の職務満足の現状-達人看護師との比較を通して- 山梨大学看護学会誌, 2007, 第6巻1号, P27-P32 
  • 看護管理者の基本的能力 共著:五味美香,鈴木久美子 日本看護学会論文集:看護管, 2014, 44号, P333-336
  • 医療場面において幼児に関わる看護師が用いるオノマトペの検討 共著:石館美弥子,谷田部かなか,山下麻美,宍戸路佳,久保恭子,鈴木久美子 小児保健研究 73(3)2014:5, P453-461


◎主な学会活動
日本母性衛生学会、日本助産学会、日本看護管理学会
◎その他
思春期保健相談士