角田 大
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
角田 大 准教授/博士(理学)
つのだ まさる. TSUNODA Masaru

学生・受験生へのメッセージ

医療人としての使命を自覚して、研究、臨床、地域のあらゆる現場で活躍できる薬剤師を目指しましょう。

◎略歴
2001年 東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了
2001年 いわき明星大学理工学部博士研究員
2002年 昭和大学薬学部助手
2007年 いわき明星大学薬学部講師
◎担当授業科目
数学、化学実習、物理化学系実習、物理化学2
◎専攻研究分野
構造生物化学
◎主な研究業績
  • Structural basis for recognition of cognate tRNA by tyrosyl-tRNA synthetase
    from three kingdoms
    M. Tsunoda, Y. Kusakabe, N. Tanaka, S. Ohno, M. Nakamura, T. Senda, T.Moriguthi, N. Asai, M. Sekine, T. Yokogawa, K. Nishikawa & K.T. Nakamura,Nucleic Acids Res., 35, 4289-4300(2007)
  • 構造生物学-ポストゲノム時代のタンパク質研究-、倉光成紀・杉山政則編、共立出版、2007年
    6.5 代謝系タンパク質群の機能発現の構造基盤
    竹中章郎,角田大,内田朗,佐藤浩之,鈴木薫,天野仁司,伏信進矢,若木高善,関口武司
  • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of yeast tyrosyl-tRNA synthetase complexed with its cognate tRNA
    Y. Kusakabe, S. Ohno, N. Tanaka, M. Nakamura, M. Tsunoda, T.
    Moriguchi, N. Asai, M. Sekine, T. Yokogawa, K. Nishikawa & K.T. Nakamura, Protein and Peptide Lett., 13, 417-419 (2006)
  • Crystallographic study of the archaeal DNA repair enzymes: EXOIII and APE
    C. Naoe, S. Miyamoto, M. Tsunoda & K.T. Nakamura, Acta Crystallogr. A61 suppl., C204(2005)

◎主な学会活動
日本薬学会、日本結晶学会、日本蛋白質科学会、日本RNA学会
◎その他
日本生化学会 論文賞 Structural Composition of Hammerhead Ribozyme, J.Biochem. 117,850-855 (1995)