山崎 洋次
薬学部◎薬学科 教員プロフィール
山崎 洋次 教授/医学博士
やまざき ようじ. YAMAZAKI Yoji
◎学長

学生・受験生へのメッセージ

今世紀は生命科学の時代だと言われます。少子高齢化が加速している今こそ、生命科学のさらなる発展と応用が要求されるのです。恵まれた環境と整備された施設を存分に活用して学生生活を過ごして欲しいものです。

◎略歴
昭和47年 東京慈恵会医科大学卒業
昭和53年 筑波大学臨床医学系講師
平成 5年 東京慈恵会医科大学助教授
平成 8年 同教授
平成19年 いわき明星大学教授
平成21年 同薬学部長
平成25年 同学長
◎担当授業科目
病態・薬物治療学1-3
病態・臨床検査学
疾病治療論1(看護学部)
◎専攻研究分野
小児悪性腫瘍に関する基礎的研究,脾摘に関する臨床的研究,胆道拡張症の病態生理に関する研究
◎主な研究業績
  • Phase I study of a weekly schedule of fixed-dose paclitaxel and escalating doses of cisplatin for recurrent or unresectable gastric cancer in Japan. Am J Clin Oncol 28:242-7, 2005.
  • Usefulness of radio-guided surgery using technetium-99m Methoxyisobutylisonitrile for primary and secondary hyperparathyroidism. World J Surg 28:576-82, 2004.
  • Successful in utero gene transfer using a gene gun in midgestational mouse fetuses. J Pediatr Surg 39:81-84, 2004.
  • Fetal surgery for repair of myelomeningocele allows normal development of the rectum in sheep. Pediatr Surg Int 19:162-6, 2003.
  • Use of antifungal agents in febrile patients nonresponsive to antibacterial treatment: the current statue in surgical and critical care patients in Japan. J Infect Chemother 8:237-41, 2002.
  • Hyperbaric oxygenation after portal vein embolization for regeneration of the predicted remnant liver. J Surg Res 100:63-8, 2001.
  • A model of bacterial translocation in neuroblastoma bearing mine. J Pediatr Surg 35:1701-5, 2000.
  • 化学療法学 南江堂,2009(分担執筆)
  • 標準小児外科学 第5版,医学書院,2007(分担執筆)
  • 新臨床外科学 第4版,医学書院,2006(分担執筆)
  • 標準外科学 第10版 医学書院,2004(分担執筆)

◎主な学会活動
Fellow of American College of Surgeons (米国外科学会正会員)
日本外科学会 特別会員
日本小児外科学会 名誉会員
◎その他
公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金 理事
公益財団法人 国際科学振興財団 研究員
「外科」編集顧問
「小児外科」名誉編集委員