いわき明星大学

HOME > 学部・大学院案内 > 科学技術学部 > システムデザイン工学科 何を学ぶ?

システムデザイン工学科

はじめに 何を学ぶ? 何をめざす? 教員紹介
実践的で経験豊富な教員が、熱意を持って学生を指導。

 システムデザイン工学科は機械システムコースと機械デザインコースを融合した学科です。これらのコースは厳格に区別されるものではありませんが、機械システムコースでは機械を理解し解析・評価していく上で必要な基本的な内容を学びこれを発展させる力を身につけることを教育目標とし、機械デザインコースでは機械設計、製作に直接必要な内容を学び、コンピュータを利用してこれらを具体的に実現するための方法を身につけることを目指しています。

 1年次では両コースの基幹共通内容の数学、機械のシステムとデザイン、コンピュータ、機械設計、機械工作・加工といった基礎学問を学びます。2・3年次からは、機械システムコース・機械デザインコースで大別される基礎・応用分野の知識を養います。4年次では各研究室に所属し、1年間卒業研究を行います。

〈機械システムコース〉

 機械の材料の強さ、空気・水などの流れ、熱の伝達や移動、機械の運動や制御、機械技術と電子技術が融合したメカトロニクスなどの基礎的な内容と、これらの発展的な内容である生体材料、構造解析、地球環境、福祉機械、ロボットなどを学びます。

〈機械デザインコース〉

 機械の設計、製作の基本的な内容と、これをコンピュータで行うためのコンピュータ支援の方法を学びます。そのために機械設計の基礎、CAD(コンピュータを用いた設計)、CAE(コンピュータを用いた解析)、CAM(コンピュータを用いた製作)をはじめ、コンピュータシミュレーションなどを学び、コンピュータをものづくりにどのように役立てるかを学びます。

各系ではこんな科目を学びます[→]履修フローより詳しい情報は、講義要網で[→]シラバス
UP