いわき明星大学

授業情報

先人達からの贈り物 – 漢方薬 –

松本 司 教授  (専門分野:生薬学、漢方医薬学)

 遠く我々の祖先は身の回りにある天然物を食品として摂取することから始め、そのなかに具合の悪い時に役立つ物を経験的に学んできました。そこから出発し遥か古代にそれらを薬(生薬)として認識するようになりました。さらに、生薬どうしを混合することによって新たな効果が現れることも経験し、とても長い時間をかけて漢方薬が編み出されました。そう、漢方薬は、「自然の恵み」なのです。

 漢方薬は古くから我々の日常に浸透してきた薬です。本来であれば身近に感ずるはずのものなのですが、「漢方薬は本当に効くの?」「漢方薬と民間薬は、どう違うの?」「漢方は、体のバランスを正常に戻すと云うけど本当かしら?」等々の多くの質問が寄せられることもあります。それでは漢方薬は本当に「何だか訳のわからない薬」なのでしょうか。無論そんなことはありません。十分すぎるほどの経験と知恵が詰まった「時代を超えて伝えられた英知の結晶」です。数千年もかけて検証されてきた、いわば「先人達からの贈り物」なのです。

 「漢方薬を知ろう、漢方薬に触れてみよう」を合い言葉に、漢方薬について講義を行います。

授業情報