Think global, Act local.

▶ in SEA WAVE FMいわき posted 2010.02.06 Saturday / 11:47

 
AED講習会1AED講習会2

画像は、先日本館1Fの教員談話室で実施された「AED講習会」の様子。

いわき市平消防署中央台分遣所の所長さんたちがやってきて、
救急法及びAEDの使い方をレクチャーしてくれました。

大学ではこういった講習も行われるんですよー^^
(ちなみに講習終了後には「救急講習修了証」が授与されます。)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて 今日は
FMいわき「いわき明星キャンパスライフ」の収録レポートです。

次回 2/8(月) と 次々回 2/15(月)は

人文学部 心理学科の 窪田 文子 先生が登場。


本放送では先生の出身(=山梨)から経歴、
心理に興味をもったきっかけ等をお話いただきましたが、

その中でも大学生になるまで泳げなかった(!)という意外な一面も教えてもらったよ☆

山梨県=海なし県、といえど、プールはもちろんあって、
そんな中、先生はどうしても泳ぐことができなかったそうです。

でも大学生のとき、
一念発起してスイミングスクールに通ったら、
なんと1ヶ月で泳げるようになっちゃって、

それ以来、水の中に入るのが大好きになって、
ミシガン州にいたときは毎週のように海に入ったそう・・・!

音が聞こえにくく、また全身に水の感触を得られる水の中は、心理学的にも、心身に影響があるそうですよ。たしかに、水の中の「コポコポ・・・」って音を聞くとなんだか落ち着くかも・・・。

みんなも大学生なったら、今まで躊躇していたことにチャレンジしてみよう!
新しい世界が広がるチャンスだよ。


また、お話を聞いていてとくに興味深かったのは先生が今の専門にどっぷりのめり込むきっかけとなった『催眠』のお話。

先生の書棚にたくさんあった催眠関連の本
先生の書棚にたくさん置かれていた催眠関連の本の一部。

(一番手前は催眠療法で有名なミルトン・エリクソンのビデオで先生が日本語訳をしたもの)

催眠、と聞くと、TVショーの影響もあってなんだかちょっと胡散臭い印象やオカルトっぽいイメージがつきまといますが、

催眠は『暗示』というカタチで、案外私たちの身近に普段から存在しているそうです。

たとえば、「試験前に○○をすると絶対いい点数がとれる」とか「この色の靴下をはくと試合に絶対勝てる」とか、、そういったジンクスも言い換えてみれば『(自己)暗示』じゃないですか?

自分自身に「これで絶対大丈夫!」と思いこませる暗示(ジンクス)。
その暗示が脳を通して自分の肉体に影響を与え、いい結果をだす。= 催眠による結果といえます。

というわけで、催眠というのは決してあやしげなものではなく「言葉」により私たちの心に影響を与える一つの方法で、
心理学ではそういった催眠の授業もあるんですよ。おもしろいよね(・▽・)

今日の記事タイトルは、収録中に先生が自身の好きな言葉として教えてくれたもので、今回はそれをチョイス☆ アドの好きな考え方です。

この言葉の詳しい意味は、ぜひ放送を聞いておくんなまし。

放送は、前半が2月8日(月)、後半が2月15日(月)

チャンネルはSEA WAVE FMいわき(76.2MHz)
19:30-19:40です。
インターネットでも聴けますよ♪(※詳しくはFMいわきのHPで)

- | -

PAGE TOP