卒論発表会。

▶ in 進学相談会 posted 2011.03.09 Wednesday / 09:30

 
なんか、3月に入ってから、
センター利用(B日程)、公募2期と入試ラッシュでバタバタして、気がつけば、あと2週間足らずで学位記授与式なんですよね。こんにちは、アドです。

4年生もついに卒業です。

「卒業」ってなんか爽やかなさみしさを感じる単語ですよね。



そして、卒業・・といえば、卒業に必須な「卒論」。

じつは先月、人文学研究科大学院生の齊藤さんに誘われて「田嶋ゼミ卒論発表会」におじゃましました☆

まずは4年生の発表からまずは4年生による、自身が書きあげた卒論の発表から。

『怪談牡丹燈籠』ー典拠から噺の世界へー

を発表中の木村さん。

美しい装丁の卒論。ちなみにこれが提出された卒論。

なんとも綺麗な和紙で装丁されています。

田嶋ゼミでは代々こんな風に書きあげた卒論を自分で和綴じ本にするそうです。

OBやOGの姿もちょっとした同窓会の雰囲気w

発表会の出席者には4年生や3年生だけでなく、なんと田嶋ゼミ歴代の卒業生もいまして、ちょっとした同窓会な雰囲気でした。わきあいあいw

「この発表会は卒業生との交流の場」とは田嶋先生。


3年生の発表4年生の発表の後は3年生の卒論構想発表。

質疑応答の時間には、
これから1年かけて卒論を書きあげていく彼らに対して、田嶋先生やOB・OGらから質問や有益なアドバイス、または愛ある(?w)叱咤激励が飛び交っていました。

また、同じ題材で卒論研究をしたOBからは、やはり同じ研究をした者ならではのディープで具体的なアドバイスが!!
これこそまさに「おなじゼミの先輩・後輩ならではの交流」ですねぇー^^

素直にいーなーって思いましたよ。

おなじみ齋藤さんの発表そして大トリ(?w)は先日特集を組んだw彼女、そう!おなじみ院生の齋藤さんです。

さすが!な貫禄充分に落ち着いた発表でしたw

- | -

PAGE TOP