心理学ってどんな学問?

▶ in 徒然日記 posted 2014.11.10 Monday / 10:57

 
IMG_0050-01.jpg
写真は大学のメインストリートの銀杏の葉。キレイに紅葉しています。
秋(・・というより11月だから冬?)ですねぇ。


先日は、市内の高校が訪れて、大学での授業を体験していきました。
いくつかの学問系統に分かれての授業でしたが、今回の人気NO.1は「心理学」でした。
(わりと毎回心理は人気なんですけどね。)
DSC_8400-01.jpg

画像は心理学科 高島先生の「心理学ってどんな学問?」です。
いわゆる心理学超入門編みたいな内容。

「心理学」と聞くと、多くの高校生は犯罪心理学やカウンセラーなどをイメージするらしいけど、実はその分野はとても広いんです。

高島先生いわく、心理学を一言で表すなら「人間の行動を科学する」学問、とのこと。

ものを見たり、聞いたりすること、新しいことを覚えること、誰かと仲良くすること、成長・発達することなど、人間のあらゆる行動が研究対象となるんです。

今回の体験授業では、
「向こう側から自分の好きな人が歩いてきたらどうする?」
「他人に近づかれるとどうしてストレスを感じるか?」
「人間の注意力とは?」
など、身近な例を挙げながら、さまざまな楽しい実験を通し、心理学の奥深さを理解してもらいました。

高校生たちの、今後の進路選択の参考になると嬉しいですね。

- | -

PAGE TOP