能地ゼミ 卒論発表会 レポ

▶ in 学生特派員 posted 2012.02.28 Tuesday / 11:52

 
こんにちは。アドです。

能地ゼミチラシ1能地ゼミチラシ2

先日、表現文化学科 能地ゼミの学生から「卒論発表会」のお知らせをいただきました(大正モダン香る素敵なデザイン!)

以前、このブログにも登場してもらった、元広報委員会委員長の村上君も所属している能地ゼミの発表会。是非是非聞きたいなー♪なんて思っていたのですが、あいにく当日は出張で大学におらず。

ってわけで、そんな事情もありまして、
当日のレポートをゼミ生3年の黒沢君と只野さんにお願いしといたのでした☆

以下、レポートです▼



はじめまして、表現文化学科3年の黒澤&只野です(^^)/

2月9日に私たちが所属する能地ゼミで卒論発表会が行われました★

卒論発表会1

発表会の様子。

能地ゼミでは日本の近代文学を研究しています。

今年は4名の先輩方が発表されました。先輩方の卒業論文の文量は原稿用紙百枚分!ダイナミック!

それでは、発表の様子を紹介します。

卒論テーマは小川未明、岡本綺堂、内田百閒、稲垣足穂。うーん、シブい。

卒論発表会5卒論発表会6

小川未明は「赤い蝋燭と人魚」で有名な童話作家です。
これまで未明の作品は暗いって言われてきたんですが、先輩はそれとはまた違う観点から未明童話を考察しました。
今井望 「閉鎖的な世界から解放される世界へ-小川未明の大正期童話の考察-」


岡本綺堂の『番町皿屋敷』は大正5年に公演された後も、何度も引き続き再演された悲劇的恋愛物。先輩はその悲劇的恋愛の要素を明らかにしました!
佐藤大輔 「作中に潜む<悲劇的恋愛>-岡本綺堂「番町皿屋敷」より-」


続いて、内田百閒の『冥途』です。百閒は精神分裂病の気質の持ち主だと言われていたそうですが、先輩は、百閒自身が精神分裂病気質の人間なのではなく、『冥途』が大正時代に流行した変態心理学を参照している可能性を指摘しました!
廣邊香穂里「大正期変態心理学と文学の接点-内田百閒「冥途」論-」



最後は、稲垣足穂の『一千一秒物語』!
この作品は六八編から成る短編小説で発表後も繰り返し改訂されたそうです。
先輩は『一千一秒物語』の初版と改訂版を比較し、その関係の意味を明らかにしました!
村上智彦「補完される自我、更新される物語-稲垣足穂「一千一秒物語」論-」


そんなわけで、とても充実の卒論発表会でした。


最後に無事に発表終えた先輩方から卒論のアドバイス!

卒論発表会4

無事発表を終えた先輩方ww

こんなことをしていると説得力に欠けますが(笑)良いアドバイスをいただきましたよ!


作家のみを深く研究するのではなく(もちろんそれも大前提として大切ですが)、作品の時代背景など、あまり作品に直接関係のないことも調べると意外なところで繋がっていて、それを理解していると研究に広がりと深みが増すそうです。

また、考えても分からないときはみんなに相談するべきとも。

ですね!


ちなみに。

発表会後の打ち上げについてはこちらで。→ 表現文化学科ブログ(能地ゼミ、おつかれさまでした) ここのポテト料理は絶品です♪

- | -

★学生特派員★ エンドゥ杯

▶ in 学生特派員 posted 2012.01.05 Thursday / 10:21

 
※「エンドゥ杯」‥それは、大会主催者である職員の遠藤さんから取ったソフトボールの大会名。

今日はソフトボール大会についてだよこんにちは、アドブロ学生特派員の遠藤(科学技術学科4年)です。

先日、いわき明星大学の野球場と陸上競技場を利用して「エンドゥ杯」というソフトボール大会がありました。

なんてセンスある大会名w この私、遠藤が取材しないといけない気がする!!(以後、職員の遠藤さんは、Mr.遠藤と表記します。)


<大会説明>
参加チーム8組、4組ごとにグループを振り分け。
グループ内で総当たりをし、上位2チームずつが決勝進出です。



午前9時、試合開始(ドキドキ)

審判「プレイボール!!」

大会の様子です。試合観戦の人達が結構いますね。

試合開始!観戦の人たち


12時過ぎで予選は終了しました(勝ち残れなかった人達はここで解散)


決勝トーナメント決勝トーナメント
決勝トーナメント

午後の決勝トーナメントの様子。



一日掛けて試合終了。

審判「ゲームセット!!」


今回の優勝チームは、Mr.遠藤率いるチームでした(パチパチパチ)
1日お疲れさまでした♪

Mr.遠藤にインタビュー
大会が終わり、Mr.遠藤に『エンドゥ杯』について話を伺いました(画像左)


遠藤「この大会を始めたきっかけは何ですか?」

Mr.遠藤「サークル、部活を超えてスポーツのイベントを行いたいと、学生から相談がありました。それで、当時の学長が『エンドゥ杯』と、命名してやっちゃいなよ♪と、言ってくれたのが始まりだね。」

遠藤「参加する条件はありますか?」

Mr.遠藤「本学生、学内教職員、OB、本学校に関係ある人。参加の際には、ケガした時のために簡単な保険に入って貰います!参加するからには、マナーを良く、試合は楽しむこと。」

遠藤「開催予定を教えて下さい。」

Mr.遠藤「年2回。春と秋に開催予定です。掲示板に張り出すのでチェックして下さい。それと、参加チームには限りがあります。ご理解の方、よろしくお願いします。」

遠藤「最後に一言!!」

Mr.遠藤「1日掛けてのスポーツ。学生生活の思い出になるはず。個人的に何か運動するのも良いことだと思います。みなさん!スポーツしてますか!?」


Mr.遠藤、ありがとうございました。
これを気に、何かスポーツをしたいと思います!

最後に一言「みなさん!スポーツしてますか?」

- | -

★学生特派員★ 未知との遭遇

▶ in 学生特派員 posted 2011.12.28 Wednesday / 12:17

 
初めまして、アドちゃんブログ学生特派員(略してアドブロ特派員) の遠藤と黒田(科学技術学部4年)です。

今日から僕たちがアドちゃん日記を乗っ取り!!

・・・というのはもちろんウソでw、これからたまにアドちゃんに変わって学内の事を紹介して行きたいと思いますので、どうぞよろしく★


では早速。

今日は僕たちが大学構内で凄いものを見付けたので紹介します。

それは・・・

この化石だぁーー!!(ドンッ)

化石1化石3


いわき明星大学が創立したときからあったみたい(約25年前~)で、とても貴重な化石らしい!!「ステゴロフォドンゾウ」って書いてある…。


児玉記念講堂ちなみにこの立派な化石(レプリカ)が置いてあるのは、大学内の児玉記念講堂。

僕たち学生は、イベントの時にしか講堂に入場できないけど、ここに置かれている理由が凄く気になる(ワクワク)


化石の横に詳細が・・・ふむ、ふむ、この化石は大学建設の際に見つかったと書いてある。それなら、当時から大学で務めている先生がいるので話を聞いてみようじゃないか。

早速調査開始だ!! → 取材交渉 → ok!

当時を知ってる先生に話を伺ったよ。

玉手先生


人文学部、非常勤講師の玉手先生です。


インタビュー中遠藤「化石は大学のどのあたりで見つかったのですか?」

玉手「あの化石は、大学建設の際に、今の科学技術系館の近くで発掘されました。何か運命を感じない?化石が科学技術系館の近くで見つかるなんて。」

黒田「そうですね…。ところで何で、児玉記念講堂に置いてあるんですか?」

玉手「大学建設のときは、この辺りで化石が見つかるなんて思いもしなかったのよ。それで、当時の明星学苑の理事長だった児玉さんが記念として、大学に残しておきたいと言ったからこうしてレプリカが保存されているの。」

遠藤「当時はニュースになりましたか?」

玉手「『いわき民報』」という地元の新聞に掲載されました。大学が創立したばかりのころは、化石も図書館の展示ブースでとても注目を浴びてたのよ。」

当時の新聞記事


黒田「化石発掘!!夢があってワクワクしますね♪」

玉手「ホントね。もしかしたら、今も大学の近くには‥他の生き物の化石が眠っているかもしれないね♪」

遠・黒「!!?」

最後に記念撮影☆
取材中は他にも色々な話や、雑学も教えて頂き、とても楽しかったよ。

本物は、湯本の「化石化学館」(ほるる)にあるから機会があれば、見に行ってね★(こちらの調査も現在計画中です!)


====

というわけで、アドちゃんブログに「学生特派員」という頼もしい仲間が鮮烈デビュー!(w)いたしました。

彼らの活躍、乞うご期待!

あれ?アドちゃん、若いパワーに任せて楽してない??
・・・は言わない約束☆てへぺろ

- | -

PAGE TOP