推薦入試 出願スタート

▶ in 入試関連 posted 2011.10.12 Wednesday / 11:59

 
こんにちは。アドです。

さて、本日10/12(水)から推薦入試(指定校・公募)の出願がスタートします!!!

必要な書類は早めに準備して、余裕を持って出願しましょうね☆ 出願締切は11/7(月)※当日消印有効

さらに、今週末(10/16)はAO1期入試と専門高校・総合学科特別AO入試が実施されます。

まさに入試シーズンですね。


というわけで、

今日は、在学生が受験生だったころ、今の時期(主に面接対策として)どんなことをしていたかをいくつか載せちゃいます。参考までに☆

==================

◎面接用のノートを作り、自己分析した。

◎大学を知り、自分を知ってもらる為にオープンキャンパス等を利用した。模擬授業を体験したり、心理学について事前に調べたりした。

◎面接練習に特に力を入れ、先生方にお願いするだけでなく、休み時間も友人同士質問し合い、どんな質問でも答えられるようにした。

◎自分にしかない個性を面接官の方にアピールできるように、試験の数か月前から自己分析をしていた。

◎高校で学んだことや楽しかった思い出、自己アピールを分かりやすく言えるようにするため、いったん文章でまとめてから自分なりの言葉で言えるようにした。

◎質問への答えはもちろん気をつけましたが、何より好印象を与えられるような態度に気を付けました。

==================

とにかく、共通して多かったのは、次の3つ。

学校の先生にお願いして、繰り返し模擬面接で訓練!

自己アピールする ⇒ 自分を良く知る!⇒⇒⇒ まずは自己分析!

自分の考えをまとめておく(回答パターンを丸暗記はNG!)



結局、面接は会話なので、予想外の質問をされる可能性はおおいにあります。
そんなとき、いかに自分ことばで話せるかどうかがポイントです。

そういう意味でも上の3つは本当に大切。

先輩方の意見をぜひ参考にしてくださいね。


アドからのアドバイスとしては、とにかく模擬面接での訓練は重要!必須です!!

やっぱりどんなに訓練しても本番は緊張しますからね(雰囲気が違うから)

とはいえ、何度も模擬面接して訓練しておくと、「訓練してきた!」というそれがが自信につながります。頑張ってきたんだから大丈夫だ!ってね。気持ちを落ち着かされるためにも重要ですよ。

あと、自分の言葉で話そうとすると、ついつい自分の“地”がついでてしまいがちなので、普段から言葉づかいやマナー(所作)等にも気をつけておきましょうね。

- | -

PAGE TOP