活動報告

いわき明星大学 現代GP連絡協議会を開催しました

本学の現代GPの取組「地域連携による環境エネルギー教育者の養成」の大切な要素となる「地域連携」。行政、教育機関、企業、市民団体をつなぐ核となる「現代GP連絡協議会」が発足し、第1回会議が開かれました。

会議には、福島県教育庁や県や市の環境連部署をはじめ、いわき市に隣接する古殿町役場からも関係者が参加。大学関係者の他にも市内高校・小学校や環境・エネルギー関係企業、市民団体など50名ほどが参加しました。取組責任者の関口武司教授による開会の挨拶に続き、高重正明学長が挨拶し、科学技術学部の東之弘教授による取組概要説明のあと、質疑応答が行われました。質疑応答ではそれぞれの立場から取組の内容や実施予定などについて質問が寄せられ、地域連携への手応えを感じることができました。今後もご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

20071029-1.jpg

地域連携の“キックオフ”となった第1回連絡協議会 

20071029-2.jpg

東教授による取組概要説明。質疑応答の時間では多くの質問が寄せられました