活動報告

川前小学校、川前中学校のエネルギー教育を実施しました

いわき市立川前小学校と川前中学校の生徒22人(小学校10人、中学校12人)が11月1日、本学を訪れ、環境エネルギー教育実習を体験しました。

  
   地域交流館3階で東之弘教授による地球温暖化講義のあと、大学生たちによる新エネルギー実験を行いました。模型の車が水素の利用や温度差によって走り出す様子を見て、生徒も引率の先生方も大喜びでした。燃料電池自動車の試乗も実施し、排出したのは水だけというクリーンエネルギーの可能性を実感していただくことができました。

thm20071101-1.jpg                                                スライドを用いて地球温暖化について説明
                                                                                          

thm20071101-2.jpg

温度差を電気に変えて走り出す車の模型に興味津々



thm20071101-3.jpg
燃料電池のクリーンさを手に取って認識。「水だ!」