活動報告

菜の花フェスティバル準備~廃食用油の再利用

4月20日に開催を予定している菜の花フェスティバルの準備がグループごとに進められています。そのひとつとして、廃食用油から石けんを作り、フェスティバル会場で配布するグループがあり、本日、石けんづくりの作業を行いました。

廃食用油は学生食堂より調達。廃食用油リサイクル事業を行っているそよ風工房の武田さんを講師にお招きして、学生の皆さんが石けんづくりに挑みました。作業は苛性ソーダに廃食用油を入れ、よくかき混ぜてとろみが増したところで牛乳パックに入れて固まるのを待つというものですが、なかなかいい具合にならなくて苦労しました。せっかくの石けんなので、香りも付けようと、ラベンダー、バラ、ココナッツなどの香料も添加。いったいどんな仕上がりになるのでしょう。楽しみです。

thm20080410-1.jpg

苛性ソーダに廃食用油を添加して攪拌。強アルカリ性なので慎重に作業しました

thm20080410-2.jpg

香り付けのため、さらに香料を添加。どんな石けんになるのでしょう