活動報告

森林環境ゼミナールに指導員として学生が参加

福島県主催の事業「森林環境ゼミナール」が10月18日、いわき市21世紀の森公園で行われ、E3リーダー資格取得を目指す本学学生が指導員として同行しました。

学生たちは「森の案内人」として、小学生をはじめとする一般の参加者を指導し、樹木ウォッチング等実施。森のしくみや植物の様子などを説明しながら森林内を散策しました。熱心な説明を受けて参加者から拍手が起こる一幕も。学生たちは人に説明することを通じて、知識を深めると同時にコミュニケーションの大切さを学んでいました。

thm20081018-4.jpg

「森の案内人」として樹木ウォッチングの指導をする学生スタッフ

thm20081018-5.jpg

環境や自然に関する知識を深めただけでなく、さまざまなことを学ぶことができました