活動報告

「菜の花フェスティバル2009」を開催しました

いわき市をはじめ、JAいわき、NPO法人や地域の皆さんと協働で取り組んでいる「いわき菜の花プロジェクト」では、資源循環型の地域づくりを目指した取組の様子やプロジェクトの活動そのものを地域の皆さんに広く知っていただくために、昨年開催した下高久馬場農場に2会場を加えた3会場にて「菜の花フェスティバル2009」を開催しました。前日の準備段階から猛烈な風雨の悪天候で、一時は開催が危ぶまれましたが、なんとか雨も最小限に収まり午後には青空が見られ、無事に開催することができました。

thm_DSC_0069.jpg

            満開の菜の花で一面黄色に染まった農場で行われた「菜の花フェスティバル2009」

メイン会場には、菜種油からバイオディーゼルを作るプロセスを開設するBDFコーナー、高久公民館前駐車場には「BDF菜の花トライク」(バイオディーゼルで走る三輪バイク)試乗体験コーナーが設けられ、ゼロ・エミッションに向けた取組を紹介。また、県立磐城農業高校の皆さんによる押し花しおり制作コーナーのほか、地元高久地区の皆さんも大勢参加いただき、地場産の新鮮野菜の即売会も。菜の花を使った揚げたてのコロッケやドーナツも大好評でした。 

thm_DSC_0052.jpg

                   バイオディーゼル燃料で軽快に走る「BDF菜の花トライク」

thm_DSC_0030.jpg

                     揚げたての菜の花入りコロッケやドーナツは大好評
 

thm_DSC_0037.jpg                 子どもの背丈よりも高く育った菜の花畑は、巨大な菜の花迷路

 あいにくの天気で当初予定されていた通りのイベントはできませんでしたが、参加した学生たちは自らの環境意識を高めるとともに、地域の方々との交流を深める貴重な体験ができました。今回のフェスティバル開催によって得た体験や交流は、環境教育の普及や菜の花栽培をいかした地域コミュニティの一層の推進につながっていくことでしょう。

ご協力頂きました関係者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

環境エネルギー体験教育「中央台北小学校」

環境エネルギー教育者養成事業も3年目を迎え、学生にとっては貴重な実践の機会となる環境エネルギー体験教育が
本年もスタートしました。

 いわき市立中央台北小学校5年生75人が4月22日、本学を訪れ環境エネルギーについて学習しました。東教授による「エネルギー」についてのレクチャーを受けた後、2つのグループに分かれ、新エネルギーの実験と燃料電池自動車の試乗を交互に体験しました。
 

thm_20090422-1.jpg                                                                  東教授によるレクチャー
                                「日本のエネルギー自給率は、どれくらいか分かるかな。」
                                「4%ということは、100分の4。約分は習った?25分の1だよね。ということは、おおまかに言って、
                                24時間のうち1時間位しか電気が使えないってことになるんだよ。いいよ、残りの23時間は布団の
                                中でゲームするからって言っても、ゲーム用の電池もない、トイレの水も流れない、炊飯器も使え
                                ないからご飯も炊けない、どうしようか。」 

thm_090422-2.jpg                                                                    新エネルギー実験を体験
                                  新エネルギーを体験できるブースを6つ用意。説明の後、E3 Leader 、E3 Tutor取得学生のサポート
                                  を得ながら、実際に新エネルギーの実験にチャレンジ。手回し発電機とペットボトルを利用した燃料
                                  電池の実験や、体温による発電装置などを体験しました。
  thm_090422-3.jpg                            「ボンベの水素をこの小さな燃料電池セルに送ると、発電してこのプロペラが回るんだよ。」
                                「一回押しただけなのに、ずーっと回ってる!」
                                 直前に行った実験との発電量の違いなどについても、子どもたちが気づくようアドバイスをします。


 

thm_20090422-4.jpg                              この日、BDF(バイオディーゼル燃料)バギーカーを初公開!安野教授による燃料電池自動車と
                              BDFカーについてのレクチャーの後、試乗しました。エンジン音の全くない燃料電池自動車と爆音を
                              とどろかして走るBDFバギーカーに興奮気味の小学生たちでした。

thm_090422-5.jpg

いわき明星大学エネルギー教育研究会