活動報告

環境エネルギー体験教育「中央台北小学校」

環境エネルギー教育者養成事業も3年目を迎え、学生にとっては貴重な実践の機会となる環境エネルギー体験教育が
本年もスタートしました。

 いわき市立中央台北小学校5年生75人が4月22日、本学を訪れ環境エネルギーについて学習しました。東教授による「エネルギー」についてのレクチャーを受けた後、2つのグループに分かれ、新エネルギーの実験と燃料電池自動車の試乗を交互に体験しました。
 

thm_20090422-1.jpg                                                                  東教授によるレクチャー
                                「日本のエネルギー自給率は、どれくらいか分かるかな。」
                                「4%ということは、100分の4。約分は習った?25分の1だよね。ということは、おおまかに言って、
                                24時間のうち1時間位しか電気が使えないってことになるんだよ。いいよ、残りの23時間は布団の
                                中でゲームするからって言っても、ゲーム用の電池もない、トイレの水も流れない、炊飯器も使え
                                ないからご飯も炊けない、どうしようか。」 

thm_090422-2.jpg                                                                    新エネルギー実験を体験
                                  新エネルギーを体験できるブースを6つ用意。説明の後、E3 Leader 、E3 Tutor取得学生のサポート
                                  を得ながら、実際に新エネルギーの実験にチャレンジ。手回し発電機とペットボトルを利用した燃料
                                  電池の実験や、体温による発電装置などを体験しました。
  thm_090422-3.jpg                            「ボンベの水素をこの小さな燃料電池セルに送ると、発電してこのプロペラが回るんだよ。」
                                「一回押しただけなのに、ずーっと回ってる!」
                                 直前に行った実験との発電量の違いなどについても、子どもたちが気づくようアドバイスをします。


 

thm_20090422-4.jpg                              この日、BDF(バイオディーゼル燃料)バギーカーを初公開!安野教授による燃料電池自動車と
                              BDFカーについてのレクチャーの後、試乗しました。エンジン音の全くない燃料電池自動車と爆音を
                              とどろかして走るBDFバギーカーに興奮気味の小学生たちでした。

thm_090422-5.jpg