活動報告

環境エネルギー体験教育「大野第二小学校」

 いわき市立大野第二小学校の5,6年生18名が6月3日に本学を訪れ、環境エネルギー体験授業を受けました。東教授による「地球温暖化とエネルギー問題について」の講義を受けたあと、新エネルギー実験を体験してもらいました。

 実験では、田中助教より説明を受けた後、新エネルギーを体験できる6つのブースにて本学学生のサポートを得ながら実験にチャレンジ。手回し発電機とペットボトルを利用した燃料電池の実験では手回し発電機で発電した電気で一番長くプロペラを回せるかが競われ、小学生から歓声が上がりました。

thm_P6030013.jpg手回し発電機を一生懸命回していました

thm_20090603エネルギー教室大野二小 022.jpg小学生と本学学生との共同で体温による発電体験

thm_thm_20090603エネルギー教室大野二小 026の修正.jpg手回し発電機とペットボトルを利用した燃料電池の実験で、
長くプロペラを回せた上位3名が東教授より賞状を授与されました。