活動報告

環境エネルギー体験教育「いわき市立小名浜第一小学校」

6月11日に本学へいわき市立小名浜第一小学校より5年生68名が来学し、環境エネルギー体験授業を受講しました。東教授と安野教授より「地球温暖化とエネルギー」と「燃料電池とバイオマスエネルギー」の講義を受けた後、2つのグループに分かれて新エネルギー実験と燃料電池自動車の試乗を体験してもらいました。

 実験では、実験内容の動画を小学生たちに見てもらった後、6つの実験ブースにて本学学生サポートを受けながら実験を体験しました。

  あいにくの雨天のため燃料電池自動車の試乗は体育館となりました。サポートにあたった学生より「専門的な用語を用いず簡単な説明を心掛けたが、知識不足でうまく説明できなかった部分が多く、もっと多くの知識を深めわかりやすく説明できるようにしたい」との意見も。授業サポートすることを通じて、指導者としての体験をし、教えることの楽しさや伝えることの難しさを学んでいました。
 

 

thm_20090611 132.jpg実際に学生がデモンストレーションし、エネルギーのしくみを教えていました

thm_20090611 123.jpg好きな順番にお湯と氷を入れて温度差で車が動くか検証

thm_20090611 136.jpg 試乗の注意や燃料自動車について実物で説明しました

thm_P6110039.jpg学生のサポートを受けながら燃料電池自動車試乗に挑戦

thm_P6110058.jpg雨の中、学生たちの手によって無事車庫に戻されていました