活動報告

エネルギー施設見学を実施しました

   環境エネルギー教育者として基盤となる情報・知識を習得するため、本学で東教授より風力発電所見学に備えた講義を受講後、郡山市の西部に位置する郡山布引高原風力発電所の施設見学を実施しました。

  布引高原風力発電所は、2007年2月から営業運転が開始され、高さ約100m、羽根の長さ約30mの風車を33基備え、総発電出力は65,980kW。年間あたり約12,500万kW、約35,000世帯分の年間消費電力量に相当する電力を発電する国内最大の風力発電施設です。

  のどかな高原に連なってそびえ立つ巨大な風車の迫力に、参加学生たちは驚きを隠せない様子でした。また、「高原の豊かな自然を散策しながらの見学で、エコエネルギーを身近に感じさらなる関心が持てた」や「風車の中を見て発電の原理や構造などを理解したかった」との意見を聞き、学生たちのエネルギーに対する関心の高さが伺えました。


thm_20090606 006.jpg広大な高原に堂々とそびえ立つ巨大な風車

thm_20090606 003.jpg
高台に上り、風車の大きさに歓声を上げていました

thm_20090606 034.jpg

高原を散策しながらの施設見学となりました