活動報告

地域連携により環境エネルギー教育実習が行われています

  大学に近い中央台東小学校は、"感じ、考え、行動するエネルギー学習"をテーマにエネルギー環境学習に積極的に取り組んでいる小学校です。昨年は同校で5年生の児童がPTAや地域の方々に調査研究をプレゼンテーションする公開授業があり、E3リーダーを目指す本学学生もチームティーチャーとして同小学校を訪問し、準備から本番までの授業に実習として参加させて頂きました。
今年も同小学校で公開授業を予定しているとのことでお声をかけて頂き、児童の調べ物や発表原稿の作成サポートに参加させて頂くことになり、早速学生が担当の先生方との初顔合わせに同小を訪問しました。
今後の授業計画や進め方などを先生からお伺いし、学生は熱心にメモをとっていました。

  今回は6名の学生がE3リーダー取得科目である「環境エネルギー教育実習」として参加し、終了後、小学校の先生方からの評価を元に単位認定される予定です。
リーダーの育成には地域連携により多くの方々のご支援とご協力を頂いており、貴重な実践の機会を積み重ねて社会に貢献できるE3リーダーが今年も誕生することを期待したいと思います。

公開授業の様子は随時、本ホームページでお伝えします。

thm_DSCN0512.jpg今後の授業計画や進め方などメモをとる学生

thm_DSCN0514.jpg

教室視察
パソコンも活用しての素晴らしい発表が期待されます