活動報告

環境エネルギー教育者養成セミナーを開催しました


一般市民の方々を対象にした「環境エネルギー教育者養成セミナー」を開催しました。
本学学生だけではなく、社会人や一般市民の方々が自然を愛し、環境問題についての知識を身につけ、日常生活の地域コミュニティや子育ての中で、当たり前の事として普通に伝えていく、そんな方が増えていくきっかけになればとの思いから始まった本セミナーは前年に続き2回目の開講を迎え、次の内容で開催いたしました。


12/14(月)
第1回:「Stop!地球温暖化」
  講師:いわき明星大学 科学技術学部 システムデザイン工学科 東 之弘 教授

第2回:「環境にやさしい燃料電池」
  講師:いわき明星大学 科学技術学部 システムデザイン工学科 安野拓也 教授

12/18(金)
第3回:「いわきの自然環境」
  講師:いわき明星大学 科学技術学部 生命環境学科 岩田惠理 准教授

第4回:「オゾン層破壊のしくみ」
  講師:いわき明星大学 科学技術学部 システムデザイン工学科 東 之弘 教授


今回は新たな試みとして、実験教材を用いて新エネルギーを体験して頂く機会も設け、"見える講義で良かった"との声を頂きました。参加者の方々はとても学習意欲が高く、豊富な知識をお持ちでレベルの高い質問も頂き、更に専門的な講義を望む声も寄せられました。市民のみなさんの声を直接おうかがいし、地域に開かれた大学として求められていることを再確認できる貴重な機会となりました。ご参加くださいました方々、どうもありがとうございました。

thm_PC140009.jpg

東之弘教授による地球温暖化の講義
   

thm_PC140015.jpg

安野 拓也教授による講義では実験教材で
 エネルギー発生のしくみを解説し実際に体験して頂きました。

thm_PC140023.jpg  

 

thm_PC180003.jpg

岩田惠理 准教授によるいわきの地形や里山を題材にした自然環境の講義