いわき明星大学

HOME > IMUニュース
IMU NEWS

いわき明星大学 教員の公募について

[2012/03/13]  薬学部

 標記の件について、下記の要項で募集いたします。

公募対象 臨床薬学部門の常勤教授または准教授1名(任期1年、70歳まで再任可)
採用予定日 平成24年9月1日
応募資格 (1)博士の学位を有すること。
(2)「薬理学」または「薬物治療学」分野における教育または研究歴を有すること。
(3)6年制薬学教育ならびに研究に熱意を有すること。
(4)人格、識見に優れていること。
担当授業科目 「薬理学」、「薬物治療学」および関連科目の講義、実習
提出書類 (1)履歴書(写真貼付)[別紙様式1]
(2)学位記(博士)・・・・・・コピー
(3)業績目録[別紙様式2]
(4)主要研究業績(学術論文等)別刷・・・主なもの3編以内を各6部(コピー可)
(5)主要研究業績(学術論文等)の概要・・・10編以内[別紙様式3]
(6)科学研究費補助金など外部資金獲得実績[別紙様式4]
(7)これまでの教育・研究概要(1,000字程度)[別紙様式5]
(8)薬学教育に関する抱負(1,000字程度)[別紙様式6]
(9)推薦状 1通(様式は問いません。)
提出書類
締切日
平成24年4月27日(金)必着
書類提出先 〒970-8551 福島県いわき市中央台飯野5-5-1
いわき明星大学薬学部 薬学部長 山崎洋次
Tel: 0246-29-5381(直通)
E-mail: yojiyama@iwakimu.ac.jp
問い合わせ先 いわき明星大学薬学部事務室
Tel: 0246-29-5401(直通)
Fax: 0246-29-5414
E-mail: yakujimu@iwakimu.ac.jp
その他 (1)本学部では講座制を採用しておりません。
(2)選考は公正に行ないます。
(3)選考の過程において、教育および研究に関する講演をしていただくために来学をお願いすることがあります。
(4)提出書類は、封筒の表に「薬学部教員応募書類在中」と朱書きし、書留便で送付してください。
(5)提出書類は、書類は当該選考委員会において個人情報に留意して処理し、返却はいたしません。また、本選考以外には使用いたしません。

 

記載上の注意事項

1.履歴書(様式1)
  (1)本籍地は都道府県名のみ記載してください。
  (2)学歴の欄には、高等学校卒業以降大学卒業、大学院修了まで記載してください。
  (3)学位の欄には取得年および授与された大学名も記載してください。
  (4)学歴・職歴の欄には、所属研究室等を記載してください。
  (5)職歴には、外国出張(半年以上)も記載してください。

2.業績目録(様式2)
 次の区分、次の順序で過去から現在の順に発表年次を記載してください。
 (1)原著論文・特許・総説・著書・学会発表・その他に区分し、記載してください。
 (2)著者全員の氏名を当該論文に記載されている順に記載し、
    本人の部分にアンダーラインを付してください。
 (3)投稿中の論文については、掲載受理の承諾書のあるものだけを記載し、
    承諾書のコピーを添付してください。
 (4)学会発表は、本人発表分に限り記載してください。
   1)国内学会については、招待および特別講演を記載してください。
   2)国際学会については、一般演題を含め、すべての発表分を記載してください。
 (5)その他
    社会貢献等その他の特記事項を記載してください。

3.主要研究業績(学術論文等)別刷 
 (1)主なもの3編以内を各6部提出願います(コピー可)。
 (2)未印刷の論文については、その原稿またはコピーに掲載受理の承諾書を添付してください。

4.主要研究業績(学術論文等)の概要(様式3)
 (1)代表的な学術論文のうち、10編以内について記載してください。
 (2)共著の場合は、本人の氏名を含め著者全員の氏名を当該学術論文等に記載された順に記載してください。
 (3)「概要」欄には、学術論文等の概要を200字以内(日本語)で記載してください。

5.科学研究費補助金など外部資金獲得実績(様式4)
 (1)科学研究費補助金、その他の助成金の受領実績を記載してください。

6.これまでの教育・研究概要(様式5)
 (1)1,000字程度にまとめて記載してください。

7.薬学教育に関する抱負(様式6)
 (1)1,000字程度にまとめて記載してください。

8.その他
 様式については、本学ホームページからダウンロード可能です。
  ※ファイルダウンロード : WORDドキュメントファイル(ZIP形式圧縮) 25.2Kb
 また、添付している様式自体を使用せず、同様の様式をワープロ等で作成したものを使用して差し支えありません。

以上

UP