いわき明星大学

大学案内

社会貢献活動

公開講座

いわき明星大学では開学以来毎年、春と秋の2回の公開講座(市民講座)を開催しています。講座は学内で行うほか、近年では大学を出て、いわき駅前等の施設での開講もしています。聴講は無料で、毎回多くの市民の皆さまに集まっていただいています。

災害ボランティア活動

いわき明星大学では平成16年に発生した新潟県中越地震を受け、学生・教職員有志による「いわき明星大学災害ボランティア」を組織。恒常的に救援活動を行ってきました。その後、ボランティア活動の教育効果に着目して、カリキュラム化。全学共通科目の「災害ボランティア演習」として、夏期は限界集落訪問による作業、冬期は豪雪地帯での雪下ろし作業などを行っています。

東日本大震災では、本学の位置するいわき市も大きな被害を受けましたが、以降、継続的に被災地支援の活動を行っています。

環境・エネルギー教育

次代を担う子どもたちの「環境マインド」を醸成するため、地域の小・中学校と協力して環境・エネルギー教育を実施しています。大学生や大学の教員が小・中学校を訪問して授業を行うほか、子どもたちが大学に来て学ぶ機会も数多く作っています。

関連組織・施設等