いわき明星大学

大学案内

沿革

沿革

1987
昭和62年

3月
キャンパス竣工
4月
いわき明星大学開学
7月
学友会設立
9月
全天候型テニスコート竣工
10月
開学式挙行、「エリーニ像」除幕
「エコーII世号」台湾から回航
11月
学生クラブハウス竣工
1988
昭和63年
3月
理工学部、人文学部「研究紀要」第1号発刊
4月
各種教員免許課程始まる、聴講生制度発足
学校図書館司書資格関連科目開講
5月
第1回公開講座
7月
研修施設「しおさい荘」開所
10月
第1回IMUフェスティバル開催
1989
平成元年
1月
振動・制御実験センター竣工
4月
学芸員、学校図書館司書教諭、資格関連科目開講
1990
平成2年
4月
電子顕微鏡室開設、コンピュータセンターシステム増強
1991
平成3年
3月
第1回卒業式挙行、第1期生526人が卒業
6月
初代児玉三夫学長に代わり、第2代鈴木辰三郎学長就任
9月
「エコー3世号」台湾から回航
1992
平成4年
3月
大学院2研究科4専攻各修士課程を設置認可
1993
平成5年
10月
学校法人明星学苑70周年記念式典挙行
1994
平成6年
3月
大学院2研究科2専攻に博士課程を設置認可
1995
平成7年
3月
大学院英米文学専攻修士課程を設置認可、理工系館東館(現科学技術系館東館)竣工
4月
第3代澤田正三学長就任
10月
コンピューターシステムをインターネット対応に一新
1996
平成8年
4月
荒井正大理事長就任
1997
平成9年
10月
いわき明星大学創立10周年記念式典挙行
11月
いわき明星大学同窓会設立式典を挙行
1998
平成10年
3月
ヨット「エコーII世号」退役に伴い学内展示
4月
ハイテクリサーチセンター開所
1999
平成11年
1月
大学入試センター試験実施
4月
第4代寺田隆信学長就任
2000
平成12年
4月
第5代斎藤和明理事長就任
5月
理工学部環境理学科、人文学部言語文化学科、心理学科の設置認可
2001
平成13年
4月
理工学部環境理学科、人文学部言語文化学科、心理学科を設置
6月
人文系館別館(実験棟)竣工
10月
いわき明星大学父母会設立
2002
平成14年
9月
ヨット「エコー3世号」退役に伴い学内展示
2003
平成15年
2月
厚生館リニューアル工事完成
4月
第5代高重正明学長就任
ハイテクリサーチセンター、産学連携研究センターへ改組
2004
平成16年
4月
高分解能分析電子顕微鏡センター、 産学連携センターへ改組
9月
科学技術学部 生命環境学科、システムデザイン工学科、人文学部 表現文化学科、大学院人文学研究科 臨床心理学専攻修士課程 設置認可
2005
平成17年
3月
地域交流館竣工
4月
科学技術学部
電子情報学科・システムデザイン工学科・生命環境学科
人文学部表現文化学科
大学院修士課程臨床心理学専攻を設置
心理相談センター開所
福島県立いわき光洋高等学校との高大連携開始
5月
中国・遼寧石油化工大学と教育及び研究に関する協定締結
2006
平成18年
4月
(財)日本臨床心理士資格認定協会1種指定校認定
福島県立平工業高等学校との高大連携開始
9月
中国・遼寧石油化工大学との学術交流訪問団派遣開始
11月
薬学部薬学科 設置認可
2007
平成19年
3月
薬学部棟・学習センター・薬用植物園 竣工
4月
薬学部薬学科を設置
6月
陸上競技用グラウンドリニューアル。インフィールドを全面人工芝化
10月
いわき明星大学創立20周年記念式典挙行
2008
平成20年
5月
中国・瀋陽薬科大学と国際学術交流に関する協定締結
7月
第6代蔵多得三郎理事長就任
10月
学校法人明星学苑85周年記念式典挙行
2009
平成21年
4月
第6代関口武司学長就任
福島県立磐城農業高等学校との高大連携開始
2010
平成22年
4月
科学技術学部科学技術学科を設置
6月
IMUビジネスカレッジ開校
2011
平成23年
4月
ボランティアセンター設置
6月
福島県立磐城桜が丘高等学校との高大連携開始
7月
福島県立湯本高等学校との高大連携開始
「いわき復興祭@いわき明星大学」開催
10月
復興事業センター設置
2012
平成24年
4月
福島県立いわき総合高等学校との高大連携開始
11月
第7代吉田元一理事長就任
2013
平成25年
4月
第7代山崎洋次学長就任
11月
双葉郡楢葉町との連携協力協定締結
2014
平成26年
6月
教養学部 地域教養学科 設置認可
2015
平成27年
4月
教養学部 地域教養学科 設置
学修総合支援センター 設置