いわき明星大学

大学案内

いわき明星大学方針

求める教員像及び教員組織の編成に関する方針

本学は、教育目標及び教育方針(3つのポリシー)を実現するため、次のとおり求める教員像及び教員組織の編成に関する方針を定める。

求める教員像

  1. 本学の教育方針を理解し、それを実現するための教育力を有する人材
  2. 教育の質の向上に努め、積極的に教育に関わることができる人材
  3. 学生支援に対し積極的に取り組み、学生の人間的成長を促すことができる人材
  4. 研究成果を地域社会に還元し、社会の発展に寄与する能力を有する人材

教員組織の編成方針

  1. 大学設置基準及び大学院設置基準に基づいて、必要な教員を配置する。
  2. 組織的な教育研究を行うため、教員間の連携体制を確保し、役割分担を適切に行う。
  3. 教員の募集、任免及び昇格は、学内規則に基づき、公正かつ適切に行う。
  4. 教員の年齢及び性別の適正な構成に配慮する。

学生支援に関する方針

本学は、学生が学生生活を通して豊かな人間性を涵養し、自らの資質及び能力を十分に醸成するため、次のとおり学生支援に関する方針を定める。

修学支援

  1. 学生が修学を円滑に進めていくことができるよう、教職協働による相談、指導に取り組む。
  2. 留年者、休学者及び退学者の状況把握と分析を行い、多様な学生が充実した学生生活を送ることができるよう、各部局が連携して適切な対応を行う。

生活支援

  1. 学生が目的意識と自覚を持ち、スポーツ、文化、ボランティア等の自主的な活動を積極的に行うことができるよう支援する。
  2. 学生の健全な心身を維持増進するため、学生が快適、安全、安心な生活を送ることができるよう支援する。
  3. 学生が経済的に安定した学生生活を送ることができるよう支援する。

就職支援

  1. 学生の多様な進路に対応し、卒業後も見通した柔軟で的確なキャリアサポートに努める。

障がい学生支援

  1. 障がいのある学生に対し、各部局が連携し、主体的自律的な学修ができるよう支援する。

教育研究環境整備に関する方針

本学は、学生の学修及び教員の教育・研究が十分に行えるよう、環境を適切に維持管理するため、次のとおり教育研究環境整備に関する方針を定める。
  1. 学生の学修活動を支援するために必要な施設、設備及び環境を整備する。
  2. 安心、安全な学生生活を送ることができるよう、施設、設備の計画的な整備、維持管理を行う。
  3. 学生の学修及び教員の教育研究活動のため、図書館及び情報ネットワークなどの学術情報サービスを整備・運営する。
  4. 教育・研究の支援のため、ICT等を活用した教育研究システム等を管理運用する。

社会連携・社会貢献に関する方針

本学は、社会に対し、本学がもつ人的・物的及び知的資源を還元するため、次のとおり社会連携・社会貢献に関する方針を定める。
  1. 研究成果の社会への還元のため、公開講座などの生涯学習の場を広く提供する。
  2. 研究成果及び知的財産を社会に広く還元するため、産官学間の組織的連携を強化する。
  3. 東日本大震災以降の被災地支援活動等を中心とした社会への貢献を継続的に行う。

管理運営に関する方針

本学は、本学の機能を円滑かつ十分に発揮するため、次のとおり管理運営に関する方針を定める。
  1. 教育研究の充実及び推進のため法令を遵守し、透明性、機能性を有した手続きのもと管理運営を行う。
  2. 学長のリーダーシップのもと、意思決定プロセスを継続的に見直し、教学ガバナンス改革を推進する。
  3. 社会への説明責任を果たすため、情報を積極的に公開する。
  4. 教職員の意欲・資質の向上を図るため、適正な方策を実施する。
  5. 教育研究を支える財務的基盤を安定させるために、中期事業計画の策定と見直しを適切に行い、効率的・効果的な予算編成及び執行を促進する。

内部質保証に関する方針

本学は、教育目標の実現に向けて組織的かつ定期的な自己点検・評価を行い、恒常的に大学改革、教育改善を推進する。機能的な自己点検・評価の実践のため、次のとおり内部質保証に関する方針を定める。
  1. アセスメントポリシーに基づいて客観的で合理的なデータを収集し、学内の教育研究情報の適切な把握と分析を行い、成果を可視化することで恒常的な点検・評価活動を行う。
  2. 自己点検・評価結果を積極的に公表して透明性を確保するとともに、社会への説明責任を果たす。
  3. 第三者評価機関による認証評価を受けることにより、自己点検・評価の妥当性と客観性を担保する。
  4. 内部質保証の実践が教職員の自律的、継続的な活動となるような施策を積極的に展開する。