いわき明星大学

就職進路

資格案内

資格は、夢を実現するためのパスポート。
社会的ニーズに応える資格取得を

本学に開講している授業科目を修得することにより得られる資格(任用、受験資格を含む)は、以下のものがあります。

取得できる教員免許状と免許教科

地域教養学科 中学校教諭一種免許状(英語)
高等学校教諭一種免許状(英語)
※小学校教諭一種免許状
科学技術学科 中学校教諭一種免許状(理科)
高等学校教諭一種免許状(理科)
※小学校教諭二種免許状
表現文化学科 高等学校教諭一種免許状(国語)
中学校教諭一種免許状(英語)
高等学校教諭一種免許状(英語)
現代社会学科 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
心理学科 高等学校教諭一種免許状(公民)
理工学研究科 
物質理学専攻
中学校教諭専修免許状(理科)
高等学校教諭専修免許状(理科)
 
理工学研究科 
物理工学専攻
高等学校教諭専修免許状(工業)
人文学研究科 
日本文学専攻
高等学校教諭専修免許状(国語)
人文学研究科 
英米文学専攻
高等学校教諭専修免許状(英語)
人文学研究科 
社会学専攻
高等学校教諭専修免許状(公民)

※明星大学通信教育部との教育業務提携により、2年次からの3年間で、免許取得を目指します。この制度の受講者は中学校教諭免許状を取得することが条件となります。

各種資格

教養学部

◎社会調査士 【認定機関による認定】

社会調査に関する基礎的な知識・技能、相応の応用力と倫理観を身につけていると、社会調査士認定機構(日本社会学会、日本教育社会学会、日本行動計量学会)によって認定される学部卒業レベルの資格です。

◎認定心理士 【認定機関による認定】

学校図書館司書教諭とは、学校図書館の担当者として配置される教諭のことをいいます。司書教諭資格を得るためには、教員と司書教諭資格の二つの資格が必要です。

◎日本語教員 【本学認定】

日本語教員とは、外国人に日本語を教える専門職のことです。公的基準に準拠した本学の日本語教員養成講座の科目を修得することにより日本語教員の資格を得ることが出来ます。

薬学部

◎薬剤師 【国家試験・受験資格】

6年生の薬学部を卒業した方に授与される薬剤師国家試験の受験資格です。

科学技術学部・人文学部

◎図書館司書 【法定資格】

司書は、公共図書館に置かれる専門的職員ですが、今日では企業や研究所などで文献・資料の収集、管理に携わるものにも司書資格が求められることが多くなっています。課程修了者には「司書資格証明書」等が発行されます。

◎学校図書館司書教諭 【法定資格】

学校図書館司書教諭とは、学校図書館の担当者として配置される教諭のことをいいます。司書教諭資格を得るためには、教員と司書教諭資格の二つの資格が必要です。

◎社会教育主事 【法定・任用資格】

社会教育主事は、都道府県市町村の教育委員会事務局に所属して、社会教育を行う者に専門的な助言と指導を与えることを職務とする専門教育職員です。所定の科目を履修し、卒業後、教育委員会において1年以上社会教育主事補として勤務すれば、社会教育主事として任用される資格を得ることが出来ます。

◎学芸員 【法定資格】

学芸員は、博物館・美術館等において資料の収集、保管、展示および調査研究等を行う専門職です。本学の課程を修了することにより学芸員資格を得ることが出来ます。

人文学部

◎社会福祉主事 【法定・任用資格】

「福祉六法」に基づいて各種行政機関で保護・援助を必要とする人のために相談・指導・援助の業務を行う職員をさします。厚生労働大臣が指定する科目のうち3科目を取得すれば任用資格が得られます。

科学技術学部

◎CAD利用技術者 【認定機関による認定・受験支援講座実施】

企業の製造部門だけでなく、意匠デザインなどデザインと名の付く職場で広く導入されているCAD(コンピュータ支援による設計)技術者のための資格です。CAD授業や実習を多く取り入れたカリキュラムにより、受験を支援します。

◎機械業務関連の各種資格 【資格取得支援】

技能士・技術士、非破壊検査技術者、溶接作業指導者、高圧ガス製造保安責任者、自動車整備士、圧力容器取扱作業主任者、エネルギー管理士の各資格取得を支援します。

◎バイオ技術者 【認定機関による認定・受験支援講座実施】

遺伝子操作、タンパク質等の構造解析など、高度なバイオ操作ができる技術者、また生物利用技術、遺伝子情報利用技術、それらの安全管理に関する知識を有する技術者のための資格です。所定のカリキュラムを履修することにより受験資格が取得できます。

◎技術士補 【国家試験・受験支援講座実施】

科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある資格といえる「技術士」を補助、また「技術士」となるために最も近道の資格です。その専門分野の基礎および専門的知識・能力を十分持つ技術者であることの証になります。資格試験関連科目を用意して受験を支援します。

◎環境計量士 【認定機関による認定・受験支援講座実施】

大気の汚染濃度、騒音などの計量に関する専門的な知識と技術を持つ人のための資格です。環境計量士有資格者の設置が義務づけられた環境計量認定事業所などで、計量器の検査や計量管理の仕事に従事します。資格内容および資格試験に関する特別講義により受験資格が取得できます。

◎危険物(甲種)取扱者 【認定機関による認定・受験資格】

発火性または引火性の高い危険物の性質、消火法、法規制などについての知識を有し、危険物の貯蔵や取り扱い等に従事できる資格です。甲種は、第1類〜第6類すべての種類の危険物の取扱い作業の保安監督となる資格を有します。所定の科目を修得することにより受験科目が取得できます。

◎公害防止管理者 【国家試験・受験支援講座実施】

環境問題を発生させる工場または施設の維持・管理等に従事できる資格で、ダイオキシン類関係公害防止管理者を含め14種類に区分されています。特定工場においては、対応する公害防止管理者の設置が義務づけられています。本学では資格内容および資格試験に関する特別講義を用意、受験を支援しています。

表現文化学科

◎日本語教員 【本学認定】

日本語教員とは、外国人に日本語を教える専門職のことです。公的基準に準拠した本学の日本語教員養成講座の科目を修得することにより日本語教員の資格を得ることが出来ます。

現代社会学科

◎社会福祉士 【国家試験・受験資格】

社会福祉の相談業務を中心としたソーシャルワークを実践していくための国家資格です。所定の科目を修得することにより受験資格を得ることができます。福祉事務所、児童相談所、在宅介護支援センター、養護施設、特別養護老人ホームなどの各種施設が職場となります。

◎社会調査士 【認定機関による認定】

社会調査に関する基礎的な知識・技能、相応の応用力と倫理観を身につけていると、社会調査士認定機構(日本社会学会、日本教育社会学会、日本行動計量学会)によって認定される学部卒業レベルの資格です。

心理学科

◎認定心理士 【認定機関による認定】

心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得していると日本心理学会が認定する者に与えられる資格です。卒業時に資格取得が可能です。