すごろくへ

就活すごろく

back

自己分析から企業研究へ「企業研究」

まず業界を知り、そこから志望企業を絞り込もう。
自己分析によって自分の適性を把握できたら、次は企業研究。自分を最大限に活かせる企業を見つけるために、幅広く業界や企業のことを調べてみましょう。業界・企業研究の第一歩は、企業の情報入手。自らの足と目と耳で信頼できる情報を集めましょう。最初はいろいろな業界について、その内容や特徴、将来性、自分が興味を持っている企業の業界内での位置などを調べることから始めます。志望企業の絞り込み、応募先の決定、採用試験への対応と進むごとに、企業の各種データ、社風、経営方針、給与、待遇、人事管理、さらには募集期間、採用方式、試験問題、OB社員の数等々に至るまで、可能な限りの情報を収集すれば、志望企業の姿が明確になってくるはずです。
■企業研究のチェックポイント【大企業と中小企業】大企業は安定している反面、希望の職種につけるとは限りませんし、管理職への道も容易ではありません。一方、中小企業は内容も千差万別。個人の能力を反映しやすい点では働きがいを感じやすいと言えます。自分が目指すことを叶えられるのはどちらなのか、企業規模に振り回されずに、よく検討しましょう。【企業の名前で選ばない】知名度に左右されず、業務内容や経営内容、将来性をじっくり検討しましょう。【花形産業は絶えず変わる】花形産業では熾烈な競争で淘汰される企業が少なくありません。流行に振り回されずに志望企業を絞り込みましょう。【無差別受験は大迷惑】数打ちゃ当たる式に無差別に受験することは、自分の信用を落とすばかりか、大学、後輩にも迷惑をかけることになります。よく研究して慎重に絞り込みましょう。【第三者の意見を良く聞く】資料を集めて研究・分析することはもちろんですが、一人で判断せず、父母、教員の話を聞くことも必要です。独りよがりになったり、衝動的にならないよう冷静に決断しましょう。【文章は推敲を重ねる】書き慣れないと不自然な手紙も、何度も読み返して修正することで伝わりやすくまとまるはず。推敲を重ねよう。
次へ