すごろくへ

就活すごろく

back

“就活”のゴールが見えた!「内定」

複数の内定をもらった場合は、速やかに入社する企業を決めよう。
試験に合格すると、企業から内定通知があります。この通知は、企業と大学のガイドラインに沿って10月1日以降に文書によって通知されることが多いようです。そのために早い時期に口頭・電話等で合格の通知をされる場合は、「内定」という言葉はあまり使われず、「内々定」「仮内定」といった表現が使われ、時にはもっと曖昧な言い方をする場合もあります。その場合は後でトラブルが生じないように「内定と考えてよろしいですか?」と確認しましょう。
第一志望の内定が決まらないうちに他社の内定が早々に決まって、入社誓約書の締め切りが迫っている場合は、指導担当教員に相談しましょう。
■「内定届」を提出してください。|就職先(進路先)が決まったらキャリアサポートグループにすみやかに所定の報告書等を提出してください。あなたの経験が多くの後輩の指針となるはずです。【内定届(進学・就職)】就職の内定(内々定)、公務員試験合格発表、進学先の合格発表があったらすみやかに提出してください。【就職試験内容報告】内定届提出後、すみやかに提出してください。後輩の就職活動のための貴重な参考資料となります。【進路状況等報告書】卒業時に配布する「進路状況等報告書(ハガキ)」で最終的な就職先・進学先について報告をお願いしています。【内定がうまくとれないとき】もう一度自己分析をし直して対策を立てる必要があります。志望業種や職種が合っているか、上手に自己アピールできたか反省した上で志望企業を探しましょう。
次へ