すごろくへ

就活すごろく

back

謙虚な気持ちで応対しよう「内定辞退」

くれぐれも失礼のないように、慎重な態度で臨もう。
複数社から内定が出た場合、入社を決めた一社以外は内定を辞退することになります。志望順位の高い企業から採用内定を受けた場合は、他に応募書類を提出済みの企業や受験中の企業があったら直ちに辞退の手続をします。そうしないと、友人や後輩の就職活動を妨害することにもなるので必ず手続きしましょう。内定を辞退する連絡が遅れるほど企業には迷惑がかかることになります。 やむを得ず辞退する場合は、電話やハガキだけで済ますのでなく、あらかじめ担当者とアポイントメントをとり、直接企業に出向いて、まず内定へのお礼を述べてから誠意をもって失礼を詫び、相手の了解を得ます。早いほど了解を得やすいでしょう。
■内定辞退の手順|速やかに企業を選択【大学から推薦状をもらって受験した場合】その企業を優先して、自由応募した他の企業を辞退することになります。【縁故で紹介者がいる場合】基本的に内定辞退はできません。紹介者と担当教授に相談してください。【自由応募の企業から複数の内定が出た場合】決めかねて居る場合は、早急に家族や担当教授、キャリアサポートグループに相談してください。→担当教授に報告→辞退する企業の採用担当者にアポイントメント→採用担当者に会ってお詫び
次へ